筑波大学の研究トピック

[日付で絞り込み]  年: 月: 
地震波形で地すべりの発生を効果的に探す注目の研究  
日本産業衛生学会学術委員会 第6回若手論文賞 医学医療系 堀 愛受賞・表彰  
改良型のヒト胃消化シミュレーターを実用化 -胃のぜん動運動を伴う食品の消化挙動をよりリアルに模擬でき、操作しやすい-注目の研究  
ストレス時に血液循環を調節する神経機構を発見 ~外側手綱核はセロトニン系を介して自律神経性に血液循環を調節する~注目の研究  
20年以上謎の生物、ついに正体が明かされる ―光合成生物進化解明のカギに―注目の研究  
皮膚筋炎の自己免疫機構を再現するモデルマウスを新規開発注目の研究  
ウニは光の刺激で胃から腸へのゲートを開く注目の研究  
コロナ禍における心の回復力の国際比較「RE-COVER PROJECT」 心の健康を維持するカギは何か | 菅原 大地 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
夜の文化・芸術的創造活動に注目し、コロナ禍の影響と支援策を国際比較する | 池田 真利子 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
ディスタンス・アートとSF思考 コロナ禍の創作から新たな価値を見いだす | 宮本 道人 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
カメラ1台でバーチャル博物館をつくる「Remote Museum Explorer」 自由に視点を変えて展示物を楽しめる技術の開発 | 北原 格 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
マス・メディアの報道に人々は満足していたか コロナ禍における情報発信をビッグデータで検証する | 海後 宗男 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
障害のある学生の新たな学び方 公平で効果的な遠隔授業の在り方とは | 佐々木 銀河 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
学習者・支援者がともに「生きる力」を育む オンライン日本語支援の体制づくりと実践 | 澤田 浩子 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
外国人の若者が主導する研究 YPARを通じたエンパワメント | 德永 智子 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
「コロナ禍の学校経営」をポストコロナに生かす 教育長・校長のリーダーシップ調査 | 佐藤 博志 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
密にならずに集える形をデザインする「Mobi-tecture」で自分好みの場と活動を作ろう | 渡 和由 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ下における障害のある人への虐待や支援の実態調査 平時の備えや積極的な働きかけが重要 | 大村 美保 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ時代の人の国際移動・移住に関する研究基盤の整備 情報のデータベース化と支援のオンライン化を推進 | 明石 純一 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
人々のCOVID-19対応とその心理を理解する 日英独市民の行動変容の比較分析 | 秋山 肇 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム