筑波大学「知」活用プログラム

[日付で絞り込み]  年: 月: 
アーティストの表現とその情熱を絶やさない!文化創造経済の危機状況を乗り越えるためのサポートとは何か?For the artistic expression and cultural practices in COVID19 society: What support will be needed to overcome this challenging situation in the cultural and creative sectors?筑波大学「知」活用プログラム  
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため在宅を強いられる中、人類は余暇に何を求め、何を創造したのかExploring human recreational and creative activities under the stay-at-home order to prevent the spread of COVID-19 infection筑波大学「知」活用プログラム  
観察視点と解説文が連動するインタラクティブ提示により、バーチャル博物館などの探索活動の深化を目指すDeeper exploration of a virtual museum through interactive exhibitions linking multi-perspective observation and explanatory notes.筑波大学「知」活用プログラム  
パンデミック宣言の前後で従来メディアとSNSに流れる情報に起きた変化を検証するInvestigation on how the topics of information regarding the novel coronavirus(COVID-19) in newspapers and Twitter differed, how the topics in relation to COVID-19 of newspapers and Twitter users changed before and after the WHO pandemic declaration.筑波大学「知」活用プログラム  
ニュー・ノーマル時代の大学の意義と役割を再定義! 知のコミュニケーションと創造の場の国際変化状況を知るRedefining the significance and role of universities in the new normal To clarify international trends in knowledge communication and creation筑波大学「知」活用プログラム  
新しい学び方で能力発揮! 障害学生も学びやすいユニバーサルな学習環境を示すA new method of learning to demonstrate your abilities! A universal learning environment that makes it easy for students with disabilities to learn.筑波大学「知」活用プログラム  
外国人児童生徒の日本語教育学習格差をなくしたい!―緊急時でも持続可能なオンライン教育体制と教育人材確保を目指してTo eliminate the learning divide in Japanese language education for foreign students - Establishing an online education system that is sustainable even in emergencies with sufficient human resources筑波大学「知」活用プログラム  
コロナ危機に立ち向かう外国人高校生―当事者の若者と共に行うアクションリサーチとオンライン支援Foreign senior high school students confronting the COVID-19 crisis – Youth participatory action research and online support筑波大学「知」活用プログラム  
ウイズ/ポストコロナ時代の新しい学校教育を推進するために、どのような教育長のリーダーシップが求められるのかLeadership skills needed by superintendents to promote new school education during/after the COVID-19 pandemic筑波大学「知」活用プログラム  
新型コロナウイルスによる強制的な在宅勤務は、主観的な幸福・仕事の生産性・男性の役割にどのように影響したか?The Coronavirus and Mandatory Telework from Home: Effects on Regular Workers’ Subjective Well-being, New Male Roles, and Job Productivity筑波大学「知」活用プログラム  
密接を避けて地域の活力を取り戻す ニューノーマル時代の「プレイスメイキング」定着を目指してRestoring community vitality while continuing social distancing Dissemination of “placemaking” in the new normal筑波大学「知」活用プログラム  
感染防止のために人との触れ合いが制限されるなか、障害のある人々の社会的孤立を予防するためにTo prevent social isolation among people with disabilities despite social distancing for infection prevention筑波大学「知」活用プログラム  
ハイモビリティ時代においてパンデミックに負けない社会を創るためにTo realize a resilient society against pandemics in an era of high mobility筑波大学「知」活用プログラム  
COVID-19等の未曾有の状況下において、個人の自由はいかに保障されるか?How can civil liberties in the Japanese Constitution be guaranteed in these unprecedented circumstances to deal with COVID-19?筑波大学「知」活用プログラム  
市民の行動変容の要因を定性的・定量的に分析 世界規模での危機に対する適切な政策、個人的対応の指針にQualitative and quantitative analysis of behavioral changes of citizens To understand "appropriate policies" and "individual behavioral change" in response to a global crisis筑波大学「知」活用プログラム  
「コロナ危機」がもたらした働き方改革! ー新たな働き方の現状を見つめ、仕事とプライベートの「これから」を考えるWorkstyle reform facilitated by the “COVID-19 crisis” Analyzing new workstyles and developing future perspectives for the work-life balance筑波大学「知」活用プログラム  
人の活動+人の動き+人の感染を予測する 社会を止めずに感染をコントロールするためにPeople’s activities + movements + infection prediction To control infection without stopping society筑波大学「知」活用プログラム  
健全なひきこもりはあるのか? ひきこもりから「学ぶ」新しい生活様式の在り方を逆転の発想で提案するプロジェクトIs there a healthy withdrawal? A project to propose new lifestyles based on reverse thinking to “learn” from social withdrawal筑波大学「知」活用プログラム  
災害危機で誹謗中傷など他人への攻撃・差別はなぜ起こるのか? 差別、デマや間違った情報の拡散、パニック行動を防ぐための心理学的アプローチの解明Why do verbal attacks and discrimination against others, such as slander, occur in a disaster crisis? Elucidating psychological approaches to prevent discrimination, the spread of false or misinformation, and panic behavior筑波大学「知」活用プログラム  
こころの回復力を助けたい! コロナ疲れの軽減やコロナ禍での成長を促すレジリエンスのチカラ!To help people recover their mental health The power of resilience to reduce stress due to COVID-19 and promote personal growth despite the COVID-19 crisis筑波大学「知」活用プログラム