筑波大学の研究トピック

[日付で絞り込み]  年: 月: 
コロナ禍での初めての在宅勤務が仕事や私生活にもたらした変化の経験 対人関係の良くなる人、働きすぎる人も | 大塚 泰正 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
人々のCOVID-19対応とその心理を理解する 日英独市民の行動変容の比較分析 | 谷口 綾子 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
人の動きを止めずに新型コロナ感染症の拡大を抑制する AIを使った実現可能な予防策の検証 | 倉橋 節也 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ禍における外出自粛のメンタルヘルスへの影響調査 ひきこもりから学ぶ新しい生活様式とは | 太刀川 弘和 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ禍でも自分だけは大丈夫? 非常事態における心と行動のメカニズムを解明する | 外山 美樹 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ禍でのより適切なランニング作法とは? 実験でマスクの効用を明らかにする | 岡本 嘉一 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ禍がもたらす“健康格差”を見える化 インターネット調査による縦断研究 | 堀 愛 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
介護予防のためにコロナ禍における高齢者の身体活動量を調査 2020年の緊急事態宣言期間中は活動時間が3割減少 | 山田 実 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
新型コロナウイルス抗原提示領域のデータ共有をめざす ワクチン開発や免疫研究への基礎知見を蓄積 | 宮寺 浩子 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
スーパーコンピュータを活用して「効く薬の候補」を素早く見つけ出す | 重田 育照 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
植物を使った効果的なワクチン生産技術の開発 「つくばシステム」を活用して | 三浦 謙治 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
新型コロナウイルスに感染するマウスの作製 治療薬開発のヒントや重症化リスクの原因解明へ | 川口 敦史 | 筑波大学「知」活用プログラム 成果インタビュー新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
Spotlights, Japanese Journal of Applied Physics 理工情報生命学術院 菊地 勇成、システム情報系 金川 哲也受賞・表彰  
令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞・若手科学者賞受賞・表彰  
公衆衛生の保持や生命権は個人の自由に優先する 〜新型コロナ感染症対策を憲法の視点から分析〜注目の研究  
凝集したタンパク質を元に戻す分子Hsp104 の構造を解明注目の研究  
慢性腎臓病患者への生活食事指導は費用対効果に優れる 〜慢性腎臓病重症化予防のための戦略研究の結果から〜注目の研究  
運動は深い睡眠の質を向上させる 〜δ波の安定性を検証する睡眠脳波の新しい解析法〜注目の研究  
科学的知見の社会実装を目指す健康・スポーツ科学|中田 由夫| 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ  
運動が盛んな地域づくりで運動しない人まで健康に!?|辻 大士| 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ