筑波大学の研究トピック

[日付で絞り込み]  年: 月: 
実データ解析で使える数学を目指して | 平田 祥人 | 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ  
データ駆動科学による自然科学データの潜在情報抽出|五十嵐康彦| 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ  
有機レーザー | 山岸 洋 | 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ  
新物質・新材料・新技術・新概念の開拓 | 近藤 剛弘​ | 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ  
光で繊毛運動を調節する新規タンパク質の発見注目の研究  
半導体ポリマー鎖間の電荷輸送性を高める新分子設計法を開発注目の研究  
タンパク質の構造変化と生命機能の関係の解明 | 重田 育照 | 筑波大学研究者カタログ研究者カタログ  
光による“ひずみ波”の伝搬で固体相転移が進行することを発見 ―Swiss-FEL 初の時間分解X 線粉末回折測定のパイロット実験で明らかに―注目の研究  
アレルギー性鼻炎の症状・服薬状況を手軽に記録するアプリ公開~症状の可視化とより良い治療法の提案目指して〜注目の研究  
幼若期以降の神経細胞におけるタンパク質リン酸化酵素の遺伝子変異が眠気を増強する注目の研究  
夜の文化・芸術的創造活動に注目し、コロナ禍の影響と支援策を国際比較する | 池田 真利子新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
ディスタンス・アートとSF思考 コロナ禍の創作から新たな価値を見いだす | 宮本 道人新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
カメラ1台でバーチャル博物館をつくる「Remote Museum Explorer」 自由に視点を変えて展示物を楽しめる技術の開発 | 北原 格新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
マス・メディアの報道に人々は満足していたか コロナ禍における情報発信をビッグデータで検証する | 海後 宗男新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
障害のある学生の新たな学び方 公平で効果的な遠隔授業の在り方とは | 佐々木 銀河新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
学習者・支援者がともに「生きる力」を育む オンライン日本語支援の体制づくりと実践 | 澤田 浩子新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
外国人の若者が主導する研究 YPARを通じたエンパワメント | 德永 智子新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
「コロナ禍の学校経営」をポストコロナに生かす 教育長・校長のリーダーシップ調査 | 佐藤 博志新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
密にならずに集える形をデザインする 「Mobi-tecture」で自分好みの場と活動を作ろう | 渡 和由新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム  
コロナ下における障害のある人への虐待や支援の実態調査 平時の備えや積極的な働きかけが重要 | 大村 美保新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム