注目の研究

イネの細胞壁を改変することにより,バイオエタノール材料となるセルロース量増加に成功

筑波大学生命環境系の岩井宏暁講師らは、陸上に貯蔵されているバイオマスの大半を占める植物細胞壁(植物繊維)を、アラビノフラノシダーゼという酵素の活性を高めることで改変することにより、バイオ燃料生産にとって有用なセルロース量の多いイネの作出に成功しました。

 

岩井 宏暁 講師