研究発信・広報

研究発信・広報

研究成果は広報してこそ業績アップにつながります。論文の出版が決まったら、よく引用してくれる研究者や学会の知り合いに論文紹介のメールを送るのは効果的です。また、大学からプレスリリースをしたり、筑波大学研究者総覧(TRIOS)にこまめに業績を更新するなど、学内の広報ツールも利用しましょう。

また、TRIOSからは定期的にJSTが管理する「researchmap」へ情報がアップロードされ、その情報は「J-GLOBAL」の研究者情報にも反映されています。TRIOSは、学外の研究者情報の元になる発信源です。研究室や研究者個人サイトへのリンクや論文のDOIを積極的に掲載しましょう。さらに、筑波大学所属著者が学術雑誌に掲載した論文等は「筑波大学学術機関リポジトリ(以下:つくばリポジトリ)」に登録され、原則として、インターネット上で公開されます。教育研究成果(以下「成果物」という。)を学内外に無償で提供することにより、教育研究活動のさらなる発展への寄与と、情報公開の推進、社会に対する説明責任の実行にお役立てください。

 

TRIOSの利用について

筑波大学研究者情報システム(Tsukuba Researcher Information Online System,以下「TRIOS」と表示)は、
① 研究者情報を登録・管理する
② 外部の文献データベースを援用して研究業績を一括して登録する
③ 筑波大学の機関リポジトリ「つくばリポジトリ」への登録を研究者自身が実行する
④ researchmap(http://researchmap.jp/)研究者情報とデータ連携を行う
⑤ 研究者総覧として研究者が公開可とした項目をインターネットを利用して公開する
などの機能をもつシステムです。

 

 <本件についての問い合わせ>
 研究推進部 研究企画課 研究者情報係 TEL.029-853-2934
 Email : trios[at]un.tsukuba.ac.jp ※ [at] を半角@に変更してメール送信ください。

 

研究教育の成果発信(プレスリリース)

論文や学会などで研究成果を発表する場合は、First AuthorやCorresponding Authorであるかどうかにかかわらず、掲載誌等にアクセプトされた時点で広報室へご一報ください。

また、広報室では、新聞各社およびScience誌の発行母体であるアメリカ科学振興協会AAASが運営するオンラインニュースサービス、EurekAlert! へのプレスリリース配信も行っています。その他成果発信に関しては、適宜広報室にご相談ください。

 

研究教育の成果発信(筑波大学学術機関リポジトリへの登録)

筑波大学では、学術雑誌に掲載された論文等を「筑波大学学術機関リポジトリ(以下:つくばリポジトリ)」に登録し、インターネット上で公開することを原則としています。登録を希望する方、もしくは、登録された成果物の削除を希望されるかたは筑波大学附属図書館にご相談ください。

 

大学ウェブサイト掲載 

大学ウェブサイトの最新情報、イベント情報、受賞・表彰(教員・学生)等の情報掲載についての窓口とガイドライン(一部英語の案内あり)【広報室】

 

筑波大学ロゴ等利用マニュアル 

筑波大学 VI マニュアル(日本語/英語)、筑波大学スローガン「IMAGINE THE FUTURE.」視覚表現ガイドライン(日本語のみ)、それぞれのロゴデータのほかパワーポイント用テンプレートなど【広報室(ウェブ)】

 

筑波大学サテライトオフィス(BiViつくば)の利用について

筑波大学サテライトオフィスは、つくば駅隣接の立地を活かした本学の情報発信拠点として設置されました。このオフィスは複合商業施設「BiViつくば」の2階に位置しており、本学のエントランスの役割も果たします。
また、このオフィスに隣接し一体的な空間を構成する「つくば総合インフォメーションセンター(つくば市)」では、教職員や学生がさまざまなイベントを催し、社会、地域との交流を行うことが出来ます。

なお、オフィスでは本学の総合案内のほかに大学概要、学群・学類紹介パンフレット、入学案内、学生募集要項、公開講座のちらし等も配布しています。【広報室】

bivi160803

研究発信・広報