注目の研究

低濃度の金属廃液から金とパラジウムを効率的に回収 ~硫酸性温泉に生息する紅藻の優れた能力活用の可能性~(2016.03)

2016/03/23

筑波大学 生命環境系の蓑田歩助教らは、硫酸性温泉に生息する紅藻 ガルディエリア・スルフラリアGaldieria sulphuraria の細胞表層が、強酸性条件下でも高い効率で、金とパラジウムを吸着することを見いだしました。

今回、蓑田助教らは、高温・酸性条件に生息する硫酸性温泉紅藻Galdieria sulphurariaに着目し、研究を進めた結果、この紅藻の細胞表層が、強酸性条件下においても高い効率で金とパラジウムを吸着することを見いだしました。さらに、王水ベースの実際の金属廃液の酸濃度を0.6 M程度にすることで、低濃度で含まれている金とパラジウムを90%以上の効率で、Galdieria sulphurariaの細胞表層に短時間で選択的に吸着させた後、溶出できることを見いだしました。

 

図 強酸性条件 (pH0.5、 0.4 M 塩酸溶液)下での、金とパラジウムの効率的な回収

強酸性条件(0.4 M 塩酸溶液、pH0.5)下でも、低濃度範囲(0.5-25 ppm)において、Galdieria sulphurariaに80%以上の金とパラジウムが30分以内に吸着回収された。