注目の研究

細胞の酸化ストレス応答に重要な新規因子の解明 ~CACUL1タンパク質が細胞のストレス耐性を増強する~

2015/08/07

筑波大学 生命環境系 千葉智樹教授の研究グループは、、CACUL1タンパク質が、ストレス応答経路の中心的な因子であるNrf2を調節し、酸化ストレス応答に重要であることを明らかにしました。

細胞は酸化ストレスが生じると、様々な保護因子を誘導し、ストレスを解消します。この酸化ストレス応答が異常をきたすと、ガンなど様々な疾患の原因になることがわかっているため、その制御メカニズムの解明が重要となっています。酸化ストレス応答に重要な制御因子として、転写因子Nrf2が知られています。Nrf2は、ストレスがない状態ではユビキチン修飾(ユビキチン化)され、その後、分解されるため機能しません。しかし、細胞が酸化ストレスにさらされると、Nrf2のユビキチン化が抑制されて分解されなくなることで、Nrf2が機能するようになります。これまで、ユビキチン化が抑制されるのは、Nrf2にユビキチンを付加するユビキチンリガーゼ(Cul3-Keap1複合体)がダメージを受けるためであると考えられていました。今回の研究は、ユビキチンリガーゼを積極的に抑制する因子が存在することを明らかにしたものです。

 

図 今回の研究により、CACUL1がNrf2のユビキチン化を抑制し安定化させることがわかりました。また、酸化ストレス状態では、CACUL1はNrf2の活性化を促進し、細胞の酸化ストレス耐性に重要であることが明らかとなりました。