注目の研究

宇宙線ミュオンを用いた原子炉の調査

2014/01/23

高エネルギー加速器研究機構、筑波大学、東京大学、首都大学東京に所属する研究者らの調査グループは、日本原子力発電(株)の東海第二発電所の原子炉において、原子炉建屋の外部にミュオン検出装置を設置し、原子炉建屋内の格納容器、圧力容器、使用済み燃料プール内に保存されている核燃料の存在を特定し、その概略の形状を特定することに成功しました。

 

原子炉建屋とミュオン計測装置配置図