リサーチユニット総覧(Research Unit Magazine)

社会科学と工学のインターフェース
情報伝播の計量分析リサーチユニットInterface between Social Science and Engineering

代表者:猿渡 康文    中核研究者:佐藤 忠彦  西尾 チヅル  
他のメンバー:倉橋 節也  大木 敦雄  櫻井 哲朗  牧本 直樹  
キーワード:社会システム、オペレーションズ・リサーチ、マーケティング、情報システム、ファイナンス

 

sawatari  現代社会は、社会的にも経済的にも強い結びつきを有するネットワーク社会であり、ある出来事が起こると、その影響を回避することは、現実的には難しい状況にあります。例えば、2009年に世界的流行病(パンデミック)として流行した新型インフルエンザは、発生源のみならず、私たちの暮らしにまで影響を及ぼしたことは記憶に新しいことです。人が持つ情報が相互作用することで、情報は次の人へ拡散していきます。そのシステムのモデリングに挑戦しているのがリサーチユニット「情 報伝播の計量分析」です。

 

社会の動向を調査し、情報伝播のコントロールを探る

 情報がどのように伝わっていくのかを様々なシミュレーションを通じて明らかにしようとしています。例えば、メキシコが発生源とされているA/H1N1がどうやってアメリカ全土に広がったのか、航空ネットワークを使ってモデル化したしたことがあります。メキシコシティでいつ発生したのかは分かっていますので、WHOが発表した時系列データ(図1)を元に航空データと照合してみると、どこを経由して伝播したのかが明らかとなります(図2)。これをモデル化することで、情報の伝播を遮断することができるようになります。

 

マーケティングの領域とコンピューターのネットワーク、そして金融の世界 に存在する伝播の本質

 マーケティング、情報通信ネットワーク、株式・通貨の領域では、情報そのものが価値を生み出すこともあります。その情報を評価することが現代社会では重要となってきています。これまでのネットワークサイエンスの範囲を超えてより現実的な社会的ネットワークの取り扱いを可能にし、その挙動を背景情報や情報の受け手の反応などをもとに予測可能とすることに取り組んでいます。また、コントロールできる変数は何かという数理モデルを見つけて、未来の事例に生かしたいと思っています。

sawatari_zu1

sawatari_zu2

 

社会への貢献・実績

●「情報伝播の計量分析」の一部をなす医療ネットワークの構造分析ならびに再構築・拡大メカニズムの分析に関して、医療機関との連携を模索し、実現へ向けて邁進
● シンポジウム『情報伝播のメカニズム分析』を企画・実施

 (取材:平成25年5月15日)

 

 


Interface between Social Science and Engineering

 

Unit representative: Professor Yasufumi Saruwatari, Faculty of Business Sciences

Unit members: 7 (7 faculty members, 0 postdoctoral fellows, none from other organizations)

Key words: Social system, operations research, marketing, information system, finance

http://www2.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/staff/saru

 

     It is known that our modern society is network-structured where every member has a strong relationship with others both socially and economically. Once an incident occurs, it is considered no one is free from its effects. For example, as most people may remember, the 2009 pandemic of a new strain ofsawatari influenza affected not only people living in the vicinity of the source of the outbreak, but also everyone’s daily lives. Our information is instantly conveyed to others in the world by interactions. The research unit “Quantitative Analysis of Diffusion Process” is involved in the modeling of such a system.

 

Surveys of social trends to examine the control of information propagation

  The research unit aims to clarify the process of the propagation of information through various simulations. For example, our previous studies derived the model, by employing the aviation network, of the spread of A/H1N1 across the U.S.A. following its outbreak in Mexico. As the timing and origin (Mexico City) of the outbreak had already been determined, by using the aviation data and the time-series data published by the WHO (Figure 1), our model identified the transmission route (Figure 2) consistently. The modeling of such a route allows us to develop methods to control the propagation of information.

Figure 1: The spread of influenza viruses

Figure 1: The spread of influenza viruses

Figure 2: Knowledge acquired from a model of the spread of influenza

Figure 2: Knowledge acquired from a model of the spread of influenza

 

 

The essence of information propagation in the fields of marketing, computer networks, and finance

  In the fields of marketing, information/communication networks, and stock exchanges/currency transactions, information itself may sometimes create value. Therefore, it has become increasingly important to assess information in modern society. Our research unit aims to help people handle social networks in a more realistic manner beyond the realm of existing network science, and predict the handling of networks based on background information and responses from the recipients of information. We also aim to identify mathematical models to determine controllable variables, and apply them to future research.

 

Social contributions and achievements

● Analyses of the structures of health care networks and mechanisms of their reconstruction and expansion, part of the “quantitative analysis of diffusion process”, while promoting collaboration with health care institutions
● Planning and implementation of a symposium: “An analysis of the mechanism of information propagation”

 
 (Interviewed on May 15, 2013)