リサーチユニット総覧(Research Unit Magazine)

スポーツ政策の公共性
スポーツ政策リサーチユニットPublicness of Sport Policy

代表者 : 菊 幸一    中核研究者 : 征矢 英昭  齋藤 健司  
他のメンバー : 清水 紀宏  笠野 英弘  松畑 尚子  
キーワード: スポーツ,政策,公共性,国際比較

kiku
 スポーツは現代社会において多様な意義と役割が期待されており、スポー ツ政策は世界各国でグローバルかつローカルに展開される重要な政策課題の一つになっています。社会における人間の身体面からの幸福や発達を考える上で、ス ポーツのもつ公共性を明らかにすることや、急激に進展し複雑化するスポーツ政策の課題を研究することは非常に重要です。本リサーチユニットはこのようなス ポーツ政策において、世界に先駆けてスポーツ政策研究の領域を創出し、リードする研究拠点の形成を目指しています。

 

スポーツ政策の2つの方向性

これまでのスポーツ政策研究は、「体育」政策研究で、「行政施策」研究でしかありませんでした。政策システムに関する明確な概念規定(図1)を行うことな く、「体育」振興の政策的性格をそのまま公共政策の一環として受けとめ、目的、内容、方法を議論してきました。このスポーツ政策を公共性の観点から考えて みると、オリンピックにおいて活躍する選手等一部の競技力の高い選手をサポートするような施策が一つの例であるように、スポーツが国家政策の一部に組み込 まれ高度化しており、その施策を通して国の方向性を決め、課題解決の一助となるような期待があることが読み取れます。一方、スポーツは元来余暇の一つの方 法で人々が生活の中で楽しむべきものとして発展してきました。その余暇の一行動と共に健康増進、レジャーという生活環境に入り込みスポーツは大衆化してい ます。この2つの方向性がある中で、国際比較研究等、スポーツ政策に関する基礎的研究を行っています(図2)。

kiku_zu1

kiku_zu2

 

オープンな下からの「公共性」構築の可能性

「公共性」概念の研究については、近代スポーツを支える社会構造の特徴から近代社会における公共性とのアイソモルフ(異次元相同)的関係を考え、楽しさを 追求するプレイの自由性と拘束性の概念による「スポーツからの公共性」構築の可能性からみた政策的意味を検討しています。スポーツのプレイ特性から公共性 を論じることにより、スポーツ先進国と後進国との間で公共性の捉え方に関する相違がみられることが基本的なフレームから見えてきたところです。調査した ヨーロッパ各国では内在的な関係や内在的価値(intrinsic value)それ自体を公共性の出発点として捉え、これに基づく道具的価値の「可能性」を期待しています。これはスポーツの自由性や自在性にゆだねてい る、という意味で、極めてopenな、下からの「公共性」概念で、社会的モデルとして機能していると考えられます(図3)。

kiku_zu3

 

社会への貢献・実績

●「スポーツ政策論」(成文堂)2011年
● 「基礎から学ぶスポーツリテラシー」(大修館書店)2012年、26-29
● 「日本体育協会・日本パラリンピック委員会100年史part1」-スポーツで考える「環境と共生」の時代-(公財)日本体育協会・(公財)日本オリンピック委員会編・発行,552-553,556-557

 (取材:平成25年9月12日)

 

Publicness of Sport Policy

Unit representative : Kiku Koichi    Core researcher : Soya Hideaki  Saito Kenji  
Unit members : Shimizu Norihiro  Kasano Hidehiro  Naoko Matsuhata  

Key words: Sport, policy, publicness, international comparative studies

  In modern societies, sports are expected to be multifunctional and significant in various respects, and sport policy has become an important issue developed globally and locally all around the world. When kikudiscussing physical well-being and development in social life, it is crucial to clarify the publicness of sport, while examining the challenges of sport policy which are rapidly developing and becoming complex. Under these circumstances, this research unit aims to take the initiative in the field of sport policy ahead of other countries, and create a base for innovative studies in this field.

 

Two Directions of Sport Policies

 The majority of previous studies on sport policy have just examined physical education policy as administrative measures so far. Without specifying conceptual frameworks for a policy system (Figure 1), they just simply discussed purposes, contents, and methods, regarding the political character of the promotion of physical education as one part of public policies. When focusing on sport policy in terms of publicness, it is clear that it has been elaborated as part of national policies — just like those to provide special support for people in high-level performance sport, such as Olympic athletes—, and that there are expectations for such policies to determine Japan’s political direction and to serve as a solution to its challenges. On the other hand, though, sports originally developed as a method of leisure to enjoy in daily life. As leisure sports were incorporated into living environments and they have been popularized, together with a growing interest in health. In consideration of these two directions, this research unit conducts basic studies on sport policy, including international comparative studies (Figure 2).

(E)菊先生図1

(E)菊先生図2

Possibilities to Create the Publicness through an Open Bottom-up Approach

    In research on the concept of the “Publicness”, an isomorphic relation with the publicness in modern society is considered from social structure supporting this society. From this concept, the possibilities of “the publicness from sport” based on the free nature of play which pursues pleasure and a restrictive concept are examined. Discussions on the publicness within a basic framework, focusing on the characteristics of sport performance, have revealed differences in the recognition of the publicness between advanced and developing countries. In European countries, intrinsic relationships or values are regarded as a starting point of the publicness, with expectations for the possibilities of instrumental values as a tool deriving from it. Such a concept of the publicness may be a widely open and bottom-up social model, as it is based on the free nature and flexibility of sport (Figure 3).

(E)菊先生図3

 

 

Social contributions and achievements
● Topics of Sport Policies in Japan (Seibundo Publishing Co., Ltd.) 2011
●Introduction to Sport Literacy (Taishukan Publishing Co., Ltd.) 2012, 26-29
●100-Year History of the Japan Sports Association and Japan Olympic Committee Part 1 – Discussing the Age of Environments and Union from the Viewpoint of Sports – (edited and issued by the Japan Sports Association and Japan Paralympic Committee) 552-553, 556-557

 
 (Interviewed on September 12, 2013)