注目の研究

太陽電池のエネルギー変換効率のカギは分子混合~有機太陽電池材料のナノ構造を解明~

2014/04/17

筑波大学数理物質系 守友浩教授らの研究グループは、軟X線顕微鏡を用いて、有機太陽電池のナノ構造を調べ、それぞれの分子領域内で分子が混合していることを発見しました。この発見により、有機太陽電池のエネルギー変換機構が明らかになり、高効率な有機太陽電池の設計指針が得られると期待されます。

 

フラーレンと高分子の混合膜の軟X線吸収強度イメージ