注目の研究

必須アミノ酸「トレオニン」生合成の最終過程が明らかに-スーパーコンピュータで網羅的に反応経路を探索

2014/03/14

筑波大学数理物質系の庄司光男助教と大阪医科大学総合教育講座の林 秀行教授らによる研究グループは、筑波大学計算科学研究センターのスーパーコンピュータ「T2K-Tsukuba」なを用いて「トレオニン」生合成の最終過程の反応経路を初めて解き明かしました。

 

トレオニン合成酵素の計算モデル全系。溶媒水(薄い紫)の中にトレオニン合成酵素が浮かぶ。