イベント

11/28: 「遺伝研メソッド」による科学プレゼンテーション講習会11/29:Workshop on Scientific Presentation based on the “NIG Method”

20161130nig%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_banner

筑波大学では、本学及びつくば地区に所属する女性研究者、若手研究者、外国人研究者など多様な研究者のプレゼンテーション能力の向上に力を入れております。そこで、11月28日(月)に国立遺伝学研究所(総研大・生命科学研究科・遺伝学専攻)で開発された研究者としての論理的思考力、質問や議論する能力開発に実績がある科学プレゼンテーションのカリキュラム「遺伝研メソッド」を用いた研究発表のトレーニングを本学でも開催することにしました。「遺伝研メソッド」とは,国立遺伝学研究所(総研大・生命科学研究科・遺伝学専攻)で開発された科学プレゼンテーションのカリキュラムです。研究発表のトレーニングを通じて、研究者としての論理的思考力、質問や議論する能力を培います。学生だけでなく、若手研究者、教員など多くの研究者のプレゼンテーション能力の向上に成果を上げています。

  • 日時:11月28日(月)15:00 – 17:00 (28 日の講習会は日本語で行われます。)
  • 場所:筑波大学 総合研究棟A 111
  • 講師: 広海 健 (国立遺伝学研究所 リサーチ・アドミニストレーター室長)

申し込む

20161130nig%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_a3(チラシをクリックするとPDFが開きます(アクセスマップ付))

 


11/29:Workshop on Scientific Presentation based on the “NIG Method”

20161130nig%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_bannerOn November 29th (Tue) the URA, IIIS, and Office of Diversity will hold a workshop on Scientific Presentation based on the “NIG Method”. The “NIG Method” is a methodology for scientific presentation developed at NIG. Through training on research presentation, it aims to strengthen the logical thinking ability as well as nurture skills for scientific discussion and asking questions. While this methodology was originally developed as a curriculum for graduate students at NIG, it has been well-received among international students and faculty to improve their ability to present their research to the scientific community.

  • Date :Tue, Nov, 29 15:00 – 17:00 (All activities in 29 will be conducted in English; fluency in Japanese is not required for participation.)
  • Venue :1F Auditorium, IIIS Building, Univ. Tsukuba
  • Lecturer : Yash Hiromi (Director, Office for Research Development, National Institute of Genetics)

Registration

20161130nig%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_a3

(Click the flyer to open PDF (including access map))

 

イベント