丸本 一弘/ Marumoto Kazuhiro

数理物質系 准教授/ Faculty of Pure and Applied Sciences, Associate Professor

関連記事 / Related Articles in COTRE

正電荷のドーピングが太陽電池を高効率化させる ~太陽電池の構成材料のミクロな挙動を実験的に解明~
CO2 問題の解決、水素社会の構築を新しい触媒から
ナノグリーンリサーチユニット
New catalysts to address CO2-related issues and establish a hydrogen-based society
豊富な元素を利用したフォトニクス、 スピントロニクスデバイス開発 −持続可能なエレクトロニクス−
薄膜太陽電池リサーチユニット
Development of photonics and spintronics devices through utilization of abundantly available elements - Sustainable electronics
耐久性劣化の原因解明 実用化へ一歩近づく

 

論文 / Publication

  1. Molecular Oriented Charge Accumulation in High-Efficiency Polymer Solar Cells as Revealed by Operando Spin Analysis Rachmat, Vanadian AstariSuci Atina; Kubodera, Takaya; Son, Donghyun; Cho, Yujin; Marumoto, Kazuhiro ACS applied materials & interfaces 11 (34) 2019年8月
  2. Boosting thermoelectric power factor of free-standing Poly(3,4ethylenedioxythiophene):polystyrenesulphonate films by incorporation of bismuth antimony telluride nanostructures Bharti, Meetu;Singh, Ajay;Saini, Gajender;Saha, Sudeshna;Bohra, Anil;Kaneko, Yuki;Debnath, A.K.;Muthe, K.P.;Marumoto, Kazuhiro;Aswal, D.K.;Gadkari, S.C. Journal of Power Sources 435 2019年7月
  3. 有機太陽電池の素子特性劣化機構の解明と高効率化・長寿命化 丸本,一弘 住友電工グループ社会貢献基金 2016年度学術・研究助成 成果報告書 2018年8月
  4. ナノグリーン機能分野 エネルギー変換コア 丸本, 一弘 筑波大学 学際物質科学研究センター 平成29年度年報 2018年12月
  5. ナノグリーン機能分野 エネルギー変換コア 丸本, 一弘;櫻井岳暁 筑波大学 学際物質科学研究センター 平成28年度年報 2017年12月

More...

この研究者の論文を読むCheck out a freely downloadable version
この研究者についてもっと知るDetailed information

知財 / Intellectual properties

  1. 特願2018-006469 : 電子スピン測定用ホルダおよび電子スピン測定装置

    丸本,一弘
  2. KR 10-2011-7010305 : ELECTRON SPIN MEASUREMENT DEVICE AND MEASUREMENT METHOD

    丸本,一弘
  3. 特願2008-282823 : 有機薄膜太陽電池の電子スピン測定方法及び有機薄膜太陽電池

    丸本一弘
  4. 特願2008-259622 : 有機薄膜素子の電子スピン測定方法及び有機EL素子

    丸本一弘

 

産学連携のご相談窓口/ Inquiry about technology transfer