安永 守利 / Yasunaga, Moritoshi

システム情報系 教授 / Professor, Faculty of Engineering, Information and Systems

関連記事 / Related Articles in COTRE

誰もが高度な情報通信技術を駆使する時代へ
次世代インタラクティブ情報通信基盤リサーチユニット
Toward an era in which everyone uses advanced information-communication technologies

 

論文 / Publication

  1. 二端子対回路網に基づくアイパターンのシミュレーション-数式処理システムのみを用いたアイパターン計算- 狩野貴彦, 安永, 守利 電子情報通信学会エレクトロニクスシミュレーション研究会,信学技法, EST2020-61 45 - 50 (2021)
  2. High Signal Integrity Transmission Line Using Microchip Capacitors and Inductors Kano, Takahiko, Yasunaga, Moritoshi Proceedings of 2016 IEEE Electrical Design of Advanced Packaging & Systems Symposium (EDAPS 2020) 24 - 26 (2020)
  3. 分布定数回路 安永,守利 エレクトロニクス実装学会システム研究会令和2年度第1回公開研究会論文集「これから始める基板設計」<Ⅰ基本編>―コロナ時代の新人向け回路・実装教育― 62 - 71 (2020)
  4. 寄生素子を考慮したコンデンサ型セグメント分割伝送線の設計と評価 狩野貴彦, 安永, 守利 第73回電子情報通信学会機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS20) (2020)
  5. 自己組織化マップのSoC型FPGAへの実装と評価,” 第73回電子情報通信学会機能集積情報システム研究会 川原佑宇紀, 安永, 守利 第73回電子情報通信学会機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS20) (2020)
  6. いくつかのAI手法を用いた打音法 歌川紀之, 黒田千歳, 安永, 守利 一般社団法人 日本非破壊検査協会 2020年度秋季講演大会講演概要集 123 - 130 (2020)
  7. 自力で学習する大脳視覚野AIチップの製作―第3回C++言語でAIチップ製作― 安永, 守利 トランジスタ技術 57 (6) 145 - 155 (2020)
  8. 高速ディジタル信号伝送におけるリターン電流の実験と考察―電球の点灯順問題の実験検証― 安永, 守利 第72回電子情報通信学会機能集積情報システム研究会,信学技報 (FIIS20) (2020)
  9. 自力で学習する大脳視覚野AIチップの製作―第2回 学習スピード対決!ソフトvsハード― 安永, 守利 トランジスタ技術 57 (5) 136 - 143 (2020)
  10. FPGAによる自己組織化マップのハードウェア化―打音検査システムへの適用に向けて― 安永,守利 電子情報通信学会誌(様々なハードウェアに適応したAI実装技術特集) 103 (5) 507 - 513 (2020)
  11. 自力で学習する大脳視覚野AIチップの製作―第1回 自己組織化マップAIの基礎― 安永,守利 トランジスタ技術 57 (4) 131 - 135 (2020)
  12. 自己組織化マップ(SOM)のハードウェア実装 安永,守利 エレクトロニクス実装学会誌 23 (2) 128 - 134 (2020)
  13. Evaluation of support vector machine applied to hammering-sound-test for different concrete structures Yasuda, Yu, Kawahara, Yuuki, Utagawa, Noriyuki, Kuroda, Chitose, Yoshihara, Ikuo, Yasunaga, Moritoshi Proc. International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020 (AROB 25th '20) 574 - 578 (2020)
  14. FPGA-Based Object Detection for Autonomous Driving System Harada, Ken-ichi, Kanazawa, Kenji, Yasunaga, Moritoshi ICFPT-2019 (2019)
  15. Evolutionary Design Methodology for High-speed Digital Signal Transmission: Capacitor-Segmental-Transmission-Line Designed by Genetic Algorithm Hoshino, Yuya, Matsuoka, Shumpei, Odaira, Tetsuya, Matsumoto, Takashi, Yoshihara, Ikuo, Yasunaga, Moritoshi Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019 (NOLTA2019) 130 - 133 (2019)
  16. A High-Signal-Integrity PCB Trace with Embedded Chip Capacitors and Its Design Methodology Using a Genetic Algorithm Yasunaga, Moritoshi, Matsuoka, Shumpei, Hoshino, Yuya, Matsumoto, Takashi, Odaira, Tetsuya Transactions of The Japan Institute of Electronics Packaging 12 E19-007-1 - E19-007-9 (2019)
  17. Parallel hardware implementation of self-organizing map using multiple Zynq FPGAs Hoshino, Yuya, Matsuoka, Shumpei, Odaira, Tetsuya, Matsumoto, Takashi, Yoshihara, Ikuo, Yasunaga, Moritoshi Proc. of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications 2019 (NOLTA2019) 5 - 8 (2019)
  18. A High-Signal-Integrity PCB Trace with Embedded Chip Capacitors and Its Design Methodology Using a Genetic Algorithm Yasunaga, Moritoshi, Matsuoka, Shumpei, Hoshino, Yuya, Matsumoto, Takashi, Odaira, Tetsuya Transactions of The Japan Institute of Electronics Packaging 12 E19-007-1 - E19-007-9 (2019)
  19. AI-based Design Methodology for High-speed Transmission Line in PCB Yasunaga, Moritoshi, Matsuoka, Shumpei, Hoshino, Yuya, Matsumoto, Takashi, Odaira, Tetsuya Proceeding of IEEE CPMT Symposium Japan 2019 (ICSJ2019) 223 - 226 (2019)
  20. マルチ打音システムを用いたコンクリートの剥離検知 歌川紀之, 黒田千歳, 川原佑宇紀, 安田, 悠, 安永, 守利 一般社団法人 日本非破壊検査協会 平成31年度秋季講演大会講演概要集 35 - 38 (2019)

researchmap の論文リストを表示する Show the publication list on researchmap

※上記の論文リストは researchmapから取得した論文リストにDOIリンク等の情報を付加したものです。筑波大学研究者総覧(TRIOS)または researchmapの論文リストが更新されると後日反映されます。

論文のオープンアクセス版を読む Check out a freely downloadable version

知財 / Intellectual properties

  1. 2012-130188 : 高周波用配線構造体,高周波用実装基板,高周波用配線構造体の製造方法および高周波信号の波形整形方法 安永,守利
  2. 2012-130181 : 高周波用配線構造体,高周波用実装基板,高周波用配線構造体の製造方法および高周波信号の波形整形方法 安永,守利
  3. 特願2004-216187 : 情報処理装置および情報処理方法 安永, 守利
  4. 特願2003-566600 : 可変形ミラーの調整方法、調整装置および、その調整方法の実施のための処理プログラム 安永, 守利
  5. 特願2000-296985 : 画像の比較・認証装置とその方法 安永, 守利
筑波大学研究ポータル University of Tsukuba research information Portal
COTRE(コトリ)|COmmunity of Tsukuba REsearchers

発行:筑波大学 URA研究戦略推進室・研究推進部