蕨 栄治/ Warabi Eiji

医学医療系 講師/ Faculty of Medicine, Assistant Professor

関連記事 / Related Articles in COTRE

科学的根拠に基づく運動療法で病気を予防・治療する
分子スポトロジーリサーチユニット
Preventing and Treating Diseases with Evidence-based Exercise Therapy
患者さんのゲノム配列をもとに、最適な治療を提供する
ゲノム医科学リサーチユニット
Optimal Treatments Based on Patients’ Genome Sequences

 

論文 / Publication

  1. Association between p62 expression and clinicopathological characteristics in oral leukoplakia Yoshida, Toshio; Terabe, Takehito; Nagai, Hiroki; Uchida, Fumihiko; Hasegawa, Shogo; Nagao, Toru; Miyabe, Satoru; Ishibashi-Kanno, Naomi; Yamagata, Kenji; Warabi, Eiji; Gosho, Masahiko; Yanagawa, Toru; Bukawa, Hiroki CLINICAL AND EXPERIMENTAL DENTAL RESEARCH 5 (4) 2019年8月
  2. HLA-A*31:01遺伝子導入マウスを用いたメトトレキサート誘導性間質性肺炎モデルの作成と評価 吉村,美郁;土屋,尚之;古川,宏;樋,貴士;岡,笑美;川崎,綾;蕨,栄治;水野,聖哉;小野,栄夫;高橋,智;當間,重人 日本臨床免疫学会会誌 39 (4) 2015年12月
  3. スルフォラファンによる転写因子Nrf2の賦活化が運動耐容能に与える影響 小峰, 昇一;呉, 世昶;蕨, 栄治;正田, 純一 日本毒性学会学術年会 44 2016年12月
  4. 継続的な運動負荷がエンドトキシンのクリアランスと炎症応答に与える影響 小峰, 昇一;秋山, 健太郎;蕨, 栄治;正田, 純一 日本毒性学会学術年会 44 2016年12月
  5. p62: Nrf2遺伝子二重欠損(DKO)マウスのNASH病態の性差と女性ホルモンの関わり 長岡, 亜実; 秋山, 健太郎; 蕨, 栄治; 正田, 純一 日本毒性学会学術年会 44 2016年12月

More...

この研究者の論文を読むCheck out a freely downloadable version
この研究者についてもっと知るDetailed information

知財 / Intellectual properties

  1. 特願2012-078966 : 非アルコール性脂肪性肝炎および肝腫瘍自然発症モデルとしてのp62:Nrf2遺伝子二重欠損マウスおよび該マウスを用いた方法

    蕨栄治;正田純一;岡田浩介;柳川, 徹;山本雅之

 

産学連携のご相談窓口/ Inquiry about technology transfer