鈴木 健嗣 / Suzuki, Kenji

システム情報系 教授 / Assistant Professor, Faculty of Engineering,Information and Systems

関連記事 / Related Articles in COTRE

家庭環境における自閉症母子相互作用の促進プログラム開発
エンパワーメント情報学プログラム
短時間の軽運動で記憶力が高まる! ~ヒトの海馬の記憶システムが活性化されることを初めて実証~
「光るビブス」交流のきっかけに自閉症児に効果的な支援を
装着型嚥下能力計測技術
車椅子のライフスタイルを変えるパーソナルモビリティ
「ミライの体育館™」の設置 ~大型床面プロジェクション・マッピング装置を備えた世界初の体育館~
つながるデバイス・システムの普及で、ASDが障害とされない社会へ
学際的自閉症研究・リサーチユニット
Disseminating Communication Support Devices and Systems to Realize a Society Where ASD Is Not Regarded as a Disability
社会を支える基盤技術の ブレイクスルーを目指す
パターン認識・機械学習リサーチユニット
To achieve a breakthrough for the development of basic technologies to support society
生命の源「海」を見つめ、 「ヒト」をより深く理解する
海洋生物学リサーチユニット
Investigate the source of life “sea” to deeply understand “human beings”
病気やケガで失われた神経機能の復活をめざして
生体機能制御・再生研究グループリサーチユニット
Recovering from Neurological Impairment due to Disease or Injury
たくましい心を育むスポーツ科学イノベーション:『身心統合スポーツ科学』の創成
BAMIS(身心統合スポーツ科学)リサーチユニット
Scientific Innovation to Nurture Mental Strength: Body and Mind Integrated Science
ロボットと認識されない程に実生活に取り込まれるロボット技術を
学際的ロボティクスリサーチユニット
科学技術と芸術の融合を深化させ、新しい芸術様式を提案する
工学・芸術連携リサーチユニット
Promotion of the Integration of Science Technology with Art to Propose a New Art Style
インタフェースとインタラクションでつくる人と機械のコラボ
人間機械共生系リサーチユニット
Interface and Interaction to Promote Human-Machine Collaboration

 

論文 / Publication

  1. Smiles as a Signal of Prosocial Behaviors Toward the Robot in the Therapeutic Setting for Children With Autism Spectrum Disorder SunKyoung Kim, Masakazu Hirokawa, Soichiro Matsuda, Atsushi Funahashi, Kenji Suzuki 8 (2021)
  2. Analysis of Gait Motion Changes by Intervention Using Robot Suit Hybrid Assistive Limb (HAL) in Myelopathy Patients After Decompression Surgery for Ossification of Posterior Longitudinal Ligament. Seioh Ezaki, Hideki Kadone, Shigeki Kubota, Tetsuya Abe, Yukiyo Shimizu, Chun Kwang Tan, Kousei Miura, Yasushi Hada, Yoshiyuki Sankai, Masao Koda, Kenji Suzuki, Masashi Yamazaki 15 650118 - 650118 (2021)
  3. Analysis of Behavioral Patterns for Social Virtual Reality Based Active Learning Shota Sawada, Masakazu Hirokawa, Kenji Suzuki (2020)
  4. Spatial Perception and Operational Behavior of Drivers in Approaching to an Obstacle Shintaro Kawai, Masakazu Hirokawa, Naohisa Uesugi, Satoru Furugori, Toshihiro Hara, Kenji Suzuki 2020-October 2257 - 2262 (2020)
  5. Effects of Visual Biofeedback on Competition Performance Using an Immersive Mixed Reality System Maxwell Kennard, Haihan Zhang, Yuki Akimoto, Masakazu Hirokawa, Kenji Suzuki 2020-October 3793 - 3798 (2020)
  6. 起立着座支援移動機器Qolo 脊髄損傷患者に対する起立着座動作補助効果の検討 清水 如代, 門根 秀樹, 久保田 茂希, 江口 洋丞, Hassan Modar, 木戸 俊介, 鈴木 健嗣, 羽田 康司, 山崎 正志 日本整形外科学会雑誌 94 (8) S1896 - S1896 (2020)
  7. HAL歩行訓練による首下がり改善効果の解析 歩行時頸椎アライメントの評価 門根 秀樹, 三浦 紘世, 久保田 茂希, 安部 哲哉, 清水 如代, 鈴木 健嗣, 國府田 正雄, 山崎 正志 日本整形外科学会雑誌 94 (8) S2006 - S2006 (2020)
  8. 立位移動モビリティQoloによる胸髄レベル脊髄損傷患者に対する起立着座および立位移動補助効果の検討 門根 秀樹, 清水 如代, 江口 洋丞, ハサン・モダー, 久保田 茂希, パエズ・ディエゴ, 上野 友之, 鈴木 健嗣, 羽田 康司, 山崎 正志 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 57 (特別号) 1 - 7 (2020)
  9. Effects of Visual Biofeedback on Competition Performance Using an Immersive Mixed Reality System. Maxwell Kennard, Haihan Zhang, Yuki Akimoto, Masakazu Hirokawa, Kenji Suzuki 0002 3793 - 3798 (2020)
  10. Spatial Perception and Operational Behavior of Drivers in Approaching to an Obstacle. Shintaro Kawai, Masakazu Hirokawa, Naohisa Uesugi, Satoru Furugori, Toshihiro Hara, Kenji Suzuki 0002 2257 - 2262 (2020)
  11. 6自由度制御を可能とする棒型口腔インタフェース 堀江 航太, 廣川 暢一, 鈴木 健嗣 ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2020 1P2 - M12 (2020)
  12. 認知・操作行動指標に基づく運転技量評価のためのVRシミユレータの開発 河合 真太郎, 廣川 暢一, 上杉 直久, 古郡 了, 原 利宏, 鈴木 健嗣 ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2020 1P2 - M07 (2020)
  13. Design of Haptic Gestures for Affective Social Signaling Through a Cushion Interface. Eleuda Nuñez, Masakazu Hirokawa, Kenji Suzuki 0002 21 - 26 (2020)
  14. A Multimodal Communication Aid for Persons with Cerebral Palsy Using Head Movement and Speech Recognition. Tomoka Ikeda, Masakazu Hirokawa, Kenji Suzuki 0002 429 - 436 (2020)
  15. Towards Modeling of Interpersonal Proximity Using Head-Mounted Camera for Children with ASD. Airi Tsuji, Satoru Sekine, Soichiro Matsuda, Junichi Yamamoto, Kenji Suzuki 0002 104 - 111 (2020)
  16. 立位移動型パーソナルモビリティQoloを用いた立位移動制御時における体幹筋活動の検討 健常者による評価実験 門根 秀樹, 清水 如代, 久保田 茂希, Paez Diego, 江口 洋丞, 羽田 康司, 鈴木 健嗣, 山崎 正志 日本整形外科学会雑誌 93 (8) S1749 - S1749 (2019)
  17. 腰部支援用HALを用いた重量物挙上時の上肢・体幹筋活動の解析に関する研究 門根 秀樹, Tan Chun Kwan, 三浦 紘世, 安部 哲哉, 國府田 正雄, 鈴木 健嗣, 山海 嘉之, 山崎 正志 日本整形外科学会雑誌 93 (8) S1782 - S1782 (2019)
  18. Effect on Social Connectedness and Stress Levels by Using a Huggable Interface in Remote Communication Eleuda Nunez, Masakazu Hirokawa, Monica Perusquia-Hernandez, Kenji Suzuki 385 - 391 (2019)
  19. A Socially Assistive Mobile Platform for Weight-Support in Gait Training Bruno Leme, Masakazu Hirokawa, Hideki Kadone, Kenji Suzuki (2019)
  20. Effect on Social Connectedness and Stress Levels by Using a Huggable Interface in Remote Communication. Eleuda Nuñez, Masakazu Hirokawa, Monica Perusquía-Hernández, Kenji Suzuki 1 - 7 (2019)

researchmap の論文リストを表示する Show the publication list on researchmap

※上記の論文リストは researchmapから取得した論文リストにDOIリンク等の情報を付加したものです。筑波大学研究者総覧(TRIOS)または researchmapの論文リストが更新されると後日反映されます。

論文のオープンアクセス版を読む Check out a freely downloadable version
筑波大学研究ポータル University of Tsukuba research information Portal
COTRE(コトリ)|COmmunity of Tsukuba REsearchers

発行:筑波大学 URA研究戦略推進室・研究推進部