武井 基晃 / Takei, Motoaki

人文社会系 准教授 / Associate Professor, Faculty of Humanities and Social Sciences

関連記事 / Related Articles in COTRE

破壊と創造にまつわる人類の長期的な歴史的記憶の伝承を実践する
人類史上の秩序における記憶と知識リサーチユニット
Passing down long-term memories of destruction and creation in human history

 

論文 / Publication

  1. 新奇と逆行の間のモノ―万年筆が当たり前だった近代― 武井,基晃 歴史人類 (49) 23 - 36 (2021)
  2. (書評)豊かな関係の継続と関心の共有 石井宏典著『根の場所をまもる』 武井,基晃 図書新聞 (3460) 5 (2020)
  3. 眼前にある課題群(特集 日本民俗学の研究動向(二〇一五-二〇一七) 社会) 武井,基晃 日本民俗学 (300) 43 - 55 (2019)
  4. 書評 田中大介著『葬儀業のエスノグラフィ』 武井,基晃 『日本民俗学』 (298) 105 - 110 (2019)
  5. 葬儀変化の中で維持されたものを考える―岩手県北上市の事例― 武井,基晃 『科研基盤B「村落社会の相互扶助の動揺と民俗の維持継承―葬儀変化にみる地域差の存在とその意味―」2018年度中間報告』 27 - 32 (2019)
  6. 久米村通事の人生と異国船 武井,基晃 チーシンブー (8) 11 - 32 (2019)
  7. 社会学者・喜多野清一の履歴と調査歴―年譜の提示と分析― 武井,基晃 史境 (76) 60 - 75 (2018)
  8. 沖縄の戦後復興から高度経済成長の民俗学的考察―軍用地に消えたシマ、戦災後の墓の再建を事例に― 武井,基晃 国立歴史民俗博物館研究報告 (207) 153 - 181 (2018)
  9. 金門島の爆弾鋼刀―国共内戦戦跡のしたたかな名産品― 武井,基晃 歴史人類 (46) 35 - 47 (2018)
  10. 先祖の歴史に対する子孫の関心―家譜の読解と元祖の位牌の新設― 武井,基晃 比較家族史研究 (32) 8 - 30 (2018)
  11. 特集 沖縄の「家」の記録と継承~家譜・墓・仏壇から考える~ 特集に寄せて 武井,基晃 比較家族史研究 (32) 4 - 7 (2018)
  12. 沖縄県中城村北浜調査報告 武井,基晃 『科研基盤B「村落社会の相互扶助の動揺と民俗の維持継承―葬儀変化にみる地域差の存在とその意味―」2017年度中間報告』 57 - 62 (2018)
  13. 琉球王府の外交官と異国船 武井基晃 別冊環 江戸―明治 連続する歴史 (23) 24 - 35 (2018)
  14. コラム 琉球時代から近・現代の孔子廟の履歴 武井基晃 別冊環 江戸―明治 連続する歴史 (23) 112 - 123 (2018)
  15. 日本民俗学が論じた沖縄―一九七〇年代前後の反省の文脈を中心に― 武井基晃 國學院雑誌 112 - 123 (2017)
  16. 書評 赤嶺政信著『歴史のなかの久高島 家・門中と祭祀世界』 武井基晃 日本民俗学 (286) 85 - 90 (2016)
  17. 公開シンポジウム イエ亡き時代の死者のゆくえ 武井基晃 日本民俗学 (286) 129 - 132 (2016)
  18. 民俗の変容の中で続くものの意味-岩手県北上市の葬送の手伝いと儀礼- 武井基晃 東北民俗 (46) 45-52 (2012)
  19. 「祭祀を続けるために―沖縄の祖先祭祀における代行者と禁忌の容認―」 武井基晃 現代民俗学研究 (4) 9-24 (2012)
  20. 「系図をつなぐ―屋取集落の士族系門中による系図作成の実例―」 武井基晃 沖縄文化研究 (38) 65-105 (2012)

researchmap の論文リストを表示する Show the publication list on researchmap

※上記の論文リストは researchmapから取得した論文リストにDOIリンク等の情報を付加したものです。筑波大学研究者総覧(TRIOS)または researchmapの論文リストが更新されると後日反映されます。

論文のオープンアクセス版を読む Check out a freely downloadable version
筑波大学研究ポータル University of Tsukuba research information Portal
COTRE(コトリ)|COmmunity of Tsukuba REsearchers

発行:筑波大学 URA研究戦略推進室・研究推進部