注目の研究

複数の企業・機関が保有するデータを統合解析できるAI技術を開発 ―秘匿データの安全性担保と解析精度の向上を実現―

NEDOと筑波大学 システム情報系 櫻井鉄也教授らは、複数の企業・機関がそれぞれ保有するデータに対して、互いにアクセスせずに統合的に解析する人工知能(AI)技術「データコラボレーション解析」を開発しました。

AIによる解析の精度を上げるには十分な数のデータを集めることが必要です。本技術は、各企業・機関が保有するプライバシー情報などを含む元データの代わりに、元データをAI技術により変換した「中間表現データ」のみを共有する仕組みです。これにより、元データに含まれる秘匿性の高い情報の安全性を担保しつつ、多数のデータの取り扱いが可能となることでAIの解析精度の大幅な向上を実現します。

図 データコラボレーション解析のイメージ