注目の研究

ノックアウトマウス作製デザインが全自動でできるウェブツール”KOnezumi”の開発

筑波大学 医学医療系および生命科学動物資源センターの久野朗広助教、水野聖哉准教授、高橋智教授の研究グループは、遺伝子欠損(ノックアウト)マウス作製デザインが全自動でできるウェブツール”KOnezumi”を開発しました。

“KOnezumi”は、研究者が興味のある遺伝子名を入力するだけでその遺伝子をノックアウトするために必要な情報を全自動で入手できるWebツールです。KOnezumiは、利用者が目的とする遺伝子名を入力するだけで、ノックアウトマウス作出のために必要な情報を瞬時にレポートします。また、従来の方法ではとても手間がかかっていた複数の遺伝子に対するノックアウトマウス作出戦略の構築にも対応しています。KOnezumiの利用によってさらに多くの研究者がノックアウトマウスを作製することで、医学生物学研究のさらなる発展が期待されます。