2013年度をご紹介します。

2014年1月~3月までのURA研究支援室の活動をまとめました。

NISTEP定点調査ワークショップに参加しました。(2014.3.20) 

イギリス訪問(2014.03.3

英国ノーリッチ・リサーチパークとの共同シンポジウムを開催しました。(2014.3.14) 

女性のための「外部資金獲得率を上げる戦略」についての講演を行いました。(2014.3.3) 

文部科学省研究大学強化促進事業キックオフシンポジウム
  「研究大学と企業の連携による国際展開戦略」を開催しました。(2014.2.24) 

国立台湾大学を訪問しました。(2014.2.21) 

AAAS2014に参加し筑波大学のPRを行いました。(2014.2.14~2.16)

シカゴ大学を訪問しました。(2014.2.17) 

<<つくばURA研修・教育プログラム>>
 
「試行的研修会(ケース演習・中級)」に
参加しました。(2014.1.30) 

*エルゼビアアカデミー「SciValを有効に活用するために」に参加しました。(2014.1.29) 

オランダ Food Valley を訪問しました。(2014.1.12~) 

*鈴木峰晴 主幹リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.1.1)
*王 淑珍  主幹リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.1.1)

研究大学強化促進事業の採択校特集が掲載されています。Science 28 March, 2014, pp.1526-7.

scince20140328

筑波大学のページはこちらからご覧いただけます(PDF)。

個人利用目的で使用してください。また許可なく転用されることは一切お断りいたします。

 

 

NISTEP(科学技術・学術政策研究所)主催のワークショップに参加しました。研究者が活躍できる環境づくりについて、「若手の活躍」「研究時間の確保」という視点から活発なディスカッションが行われました。今後、筑波大学での施策づくりに活かしていきます。

参加報告書はこちら(PDF)

イギリス訪問

2014.03.18

イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドン、バーミンガム大学、ブリティッシュ・アカデミー、そしてケンブリッジ大学を訪問し、人文社会系の研究力と研究支援体制について議論しました。

DSC04092 DSC04125 DSC04140 DSC04154

QS_20140226-084229

筑波大学は3月に英国イーストアングリア大学(UEA)との国際交流協定を締結する予定です。これを記念し、3月14日に英国ノーリッチ・リサーチパークとの共同シンポジウムを開催します。

日時:2014年3月14日(金)
主催:国立大学法人筑波大学
共催:日本学術振興会 産学協力研究委員会 植物分子デザイン第178委員会
会場:総合A110公開講義室
対象者:どなたでもご参加いただけます
※注:懇親会は有料(4,000円)です。参加を希望されるかたは事前にご連絡(yasumura.yuki.gnun.tsukuba.ac.jp])お願いします。

UEAキックオフシンポジウムのパンフレットはこちら(PDF)

※ノーリッチ・リサーチパークについて 世界トップクラスの研究機関が集合している地区。特に植物、健康、食品、環境、コンピューターの分野において世界をリードする科学者が集結しています。今回研究者を講演するイーストアングリア大学(UEA)、セインズベリー研究所もノーリッチ・リサーチパークのパートナー機関です。