URA活動情報をご紹介します。

2014年9月28(日)から9月30日(火)の3日間開催された第5回つくばグローバルサイエンスウィーク(Tsukuba Global Science Week)2014のもようが10月20日号の文教ニュース、10月22日号の文教速報に掲載されました。

TGSW2014_opening

ビジネスアイデアを実現へ!
「NEDO Technology Commercialization Program説明会」開催

10月23日、筑波大学におきまして、『NEDO Technology Commercialization Program(TCP)』の説明会を開催致します。NEDO-TCPは、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が研究機関等に眠る技術シーズや人材等の資源を最大限に活用してベンチャー企業や新事業を生み出し、我が国の産業競争力の強化につなげる仕組み作りを目的として本年度より本格的に開始した起業支援プログラムです。主に大学院生、研究者、起業間もないベンチャー企業を対象に、ビジネスプロがビジネスプランの作成技術や投資家へのプレゼンテーション技術を指導し、実践するプログラムとなっています。

【プログラム紹介サイト】  http://joip.org/NEDO_TCP/
 つくば地区で初めての開催となる今回は、特別に、『ビジネスプラン作成講座』がプログラムに盛り込まれました。研究シーズの製品化や起業に興味のある研究者の皆様、あるいは研究機関で起業支援・産学連携に携わる皆様にTCPへの理解を深めていただくとともに、今後のプログラム活用の一助になればと期待しております。
 多数のご参加、お待ち申し上げております。

◆ 開催日程:平成26年10月23日(木)15:30~17:00(延長最大17:30まで)
◆ 場 所:国立大学法人筑波大学 総合研究棟A 110号室 (定員100名)
◆ 事前登録:不 要
◆ 参加費 :無 料
◆ プログラム

「NEDO Open Innovation Platformの紹介(仮)」
  NEDO イノベーション推進部 プラットフォームグループ 担当者
「NEDO Technology Commercialization Program 国内版・海外版の紹介」
  株式会社日本総合研究所 戦略コンサルティング部
  通信メディア・ハイテク戦略クラスター 研究員 桑原 優樹氏
「テクノロジーを起点としたビジネスプラン作成講座」
  合同会社SARR 代表執行社員 松田 一敬氏

◆主 催:株式会社日本総合研究所、SRI International、株式会社パソナテック
     独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
◆協 力:株式会社三井住友銀行
     一般社団法人つくばグローバル・イノベーション推進機構

【説明会出席に関するお問い合わせ】
   筑波大学研究推進部URA 藤根和穂
           (TEL: 029-853-5389、 e-mail: fujine.kazuho.fw@un.tsukuba.ac.jp)

【アクセスマップ】
  広域地図:http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_central.html
v駐車場:本部棟南側駐車場をお使いください。(15:00~18:00ゲートオープン)。
vバス停:最寄りのバス停は「筑波大学中央」となります。

  交通案内: http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_access.html

map

tgsw_top

2014年9月28(日)から9月30日(火)の3日間、第5回つくばグローバルサイエンスウィーク(Tsukuba Global Science Week)2014を下記の通り開催します。

過去4回のこれまでの開催を通じて、筑波大学を軸とする欧米亜の有力交流協定校との教育・研究における国際ネットワークの構築・強化が進むとともに、学生たちにとっては、筑波大学が目指す「国際性の日常化」を直接体感する大変よい機会として定着してきています。

迎えて5回目の開催となる本年は、筑波大学が、今後、研究力の強化を進め、国際的に一層存在感のある大学として発展していくため、世界25か国・地域から100名を超える研究者をゲストスピーカーとして迎え、人類が直面する様々な地球規模課題の解決に向けた、最新の知見を発表する場となります。

現在、人類は、食糧危機、環境破壊、エネルギーに関わる社会や世界の在り方、高齢・少子化・格差社会の到来等を巡って、地球規模の共通課題に直面しています。これらの課題には、地域・人種・宗教・自然など、さまざまな要因が複合的に関係しているため、単一地域・分野だけでの解決が難しい状況です。このような複雑に絡み合った課題の解決には、国・地域・学問領域を超えて、地球規模で議論し、協調していくことが必要不可欠です。

一方、健康、医療、スポーツ、食物、情報、政治経済、芸術、人文学、社会学等の幅広い分野の専門家たちが集結している筑波大学は、世界の仲間たちと協調しながら、また、スローガン「Imagine the Future.」と共に、未来構想大学としての役割をしっかり果たすべく、地球規模課題の解決に向けた知の基盤づくりに一層邁進していく決意を新たにいたしました。また、世界的に活躍するアスリートをサポートする大学らしく、日々の健康や運動、スポーツ科学に関わるセッションも開催の予定です。

つくばグローバルサイエンスウィーク2014では、私たち筑波大学と志を同じくし、地球規模課題の解決に挑戦している国内外の研究者による最新の研究成果発表やディスカッションを下記のとおり実施します。みなさまぜひご参加ください。

 

テーマ:      地球規模課題の解決に向けて

              -Exploring Peace & Sustainability through Science, Sports & Arts-

日  時:     2014年9月28(日)~9月30日(火)

場  所:     筑波大学 大学会館

使用言語:   英語(日本語の通訳はありません。)

参 加 費:   無料

申込方法:   申込用サイト(http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/TGSW2014/regstration.html)よりお申込みください。

申込期間:   2014年8月28日(木)~2014年9月18日(木)※当日登録もありますが,当日の混乱を避けるため,できるだけ予約申込により参加登録をお済ませ下さい。

イベントHP:  http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/TGSW2014/

プログラム:  別紙参照

【本件に関する問合せ先】

筑波大学 TGSW2014 運営事務局

TEL: 029-853-4479

E-mail: tgsw2014@un.tsukuba.ac.jp

 

つくばグローバルサイエンスウィーク2014 プログラム

セッションタイトル

開催日時

特記事項

医療サービスの最適化とデザイン

9月28日(日)10:45-12:40

9月28日(日)14:15-15:45

10:45-12:45はニコニコ生放送実施

社会工学研究のフロンティア

9月28日(日)16:00-18:00

 

東西哲学における修行

9月28日(日)13:30-17:50

 

環境・生物資源におけるコロイド界面科学

9月28日(日)11:00-17:50

 

中央アジアおよび東アジアにおける科学技術国際共同研究とイノベーションの創出

9月30(火)13:30-17:50

 

世界の食料安全保障のための持続可能な農業

9月29(月)13:30-17:30

 

ミャンマーにおける世界文化遺産への取り組みと研究・遺跡保存・マネジメントの課題~ピュー遺跡群とバガン遺跡群を対象として~

9月30(火)9:00-12:25

 

新型パワー半導体デバイス(SiC)の用途拡大に向けて

9月30(火)13:00-15:30

 

宇宙進化・物質起源

9月29日(月)13:00-17:50

 

Broadening your horizons international collaboration in the life sciences

9月29日(月)12:30-13:30

 

北アフリカ・地中海地域を対象とした自然資源の高度利用を目指した産業化イノベーションの創成

9月30(火)13:30-17:00

 

アジア太平洋地域におけるinformation schoolとその連携

9月30(火)13:30-15:30

 

リスク・エージェントx・科学技術

9月29日(月)9:00-18:00

 

グローバルエイジング:地球規模の新たな課題

9月29日(月)9:00-12:30

9月30日(火)9:00-12:20

 

学生プレゼンテーション(第9回つくば医科学研究交流会)

9月29日(月)9:00-18:25

 

加齢医学

9月28日(日)13:10-18:00

9月29(月)9:00-12:10

9月30日(月)9:00-17:55

 

第2回 筑波大学・国立台湾大学合同会議~連携と相乗の導く未来II~

9月28日(日)11:00-12:20

 

東南アジアの生命科学と医科学

9月29(月)13:30-17:50

 

健康・スポーツ科学

9月30(火)9:00-12:25

 

東日本大震災後の日本と世界

9月28日(日)13:00-18:00

ニコニコ生放送実施

大学間連携によるグローバルイニシアチブの可能性を探る

9月28日(日)9:00-10:40

ニコニコ生放送実施

 

筑波大学 第2回文部科学省研究大学強化促進事業シンポジウム・第4回つくばURAフォーラム
「最先端研究と信頼される研究を支えるシステム・研究者倫理」

9月28日(日)13:30-17:50

 

筑波大学海外拠点フェア

9月29(月)10:00-13:30

 

G30 Joint Seminar Borderless Challenge Towards Global Aging by Young Power: Comparative Analysis of Long Term Care in the World

9月30(火)13:00-15:45

 

第4回URAシンポジウム/第6回RA研究会が9月17日・18日に北海道大学で開催されます。
文部科学省「リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備」事業採択機関とRA協議会設立準備委員会の合同主催です。

研究大学強化促進事業でもURAの導入が加速され、全国の大学、研究機関にURAの活躍の場が広がっています。 文部科学省「URAを育成・確保するシステムの整備事業」は今年最終年度を迎え、第4回目の開催となる今回のシンポジウムでは、これまでの活動の成果や今後のURAのあり方について実務者が中心に集まり情報交換、ディスカッションする機会を設けます(HPより抜粋)。

詳細情報はこちら
http://mvs.cris.hokudai.ac.jp/ura_sympo/index.html

筑波大学URA研究支援室では、以下の日時にて第2回文部科学省研究大学強化促進事業シンポジウム/第4回つくばURAフォーラムを開催します。

筑波大学研究大学シンポジウムURAフォーラム140928ポスター 筑波大学研究大学シンポジウムURAフォーラム140928ポスター

 ====================

開催日:平成26年9月28日(日)

時間:13:30 - 18:00

場所:筑波大学 大学会館 ホール

 ====================

シンポジウムタイトル:
「最先端研究と信頼される研究を支えるシステム・研究者倫理」

第一部 筑波大の先端研究紹介

 1. 柳沢 正史 (筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構) 
 2.日下 博幸 (筑波大学 計算科学研究センター)

第二部 「信頼される研究」をいかに支えるか

 3.谿 季江 (経済産業省 特許庁)
 4.山口 香(筑波大学 体育系)
 5.岡林 浩嗣(筑波大学 生命領域学際研究センター)
 6. 宇治 進也(独立行政法人 物質・材料研究機構)
 7.永原肇(旭化成株式会社)
——

ご都合のよいかたはぜひご参加ください。

申込はこちらからお願いします。

http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/TGSW2014/regstration.html

※本プログラムは筑波大学公式イベント Tsukuba Global Science Week 2014のセッションの1つとして開催されます。