URA活動情報をご紹介します。

Scopusジャーナル評価指標(SJR/IPP/SNIP)の2014年版データが発表されました。以下のサイトで無料で公開されています。

→ http://www.journalmetrics.com

 

また、この発表にあわせ、Scopusに収録されているジャーナルタイトルリストも最新版(2015年6月)に更新されています。タイトルリストは、下記ページからダウンロードすることができます。
=============
・エルゼビアホームページ(英語)
 → http://www.elsevier.com/solutions/scopus/content

・エルゼビア(日本語)ホームページ
 → http://www.elsevier.com/jp/online-tools/scopus/content-overview

=============

QS社とエルゼビアは契約更新を行い、今後10年間にわたって、QS世界大学ランキングをはじめとする、QS社の全大学ランキングでScopusが利用されることが確定したそうですので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

=========

エルゼビアからのリリース(英語)
QS Extends its Collaboration with Elsevier for its World University Rankings https://www.elsevier.com/about/press-releases/science-and-technology/qs-extends-its-collaboration-with-elsevier-for-its-world-university-rankings

QS社からの発表(英語)
http://www.iu.qs.com/2015/06/elsevier-renews-agreement-to-support-qs-on-rankings-activities/

=========

 

平成27年7月10日 10:30-12:00、本部棟5階 大会議室においてNEDOの担当者による事業説明および提案テーマの相談会を開催します。詳細はこちら(学内専用)へ。

平成27年6月29日(月)15:30~17:00、大学会館 ホールにおいて、科研費支援キックオフイベント2015を開催します。イベントの詳細はこちらをご覧ください(学内専用)

6月16日(火) 17:00~18:30に 人文社会国際比較研究機構(ICR)、人文社会系研究推進室主催の第1回ICR科研費獲得セミナーが開催されます。URA研究支援室は、本セミナーの後援を行っています。

セミナーの詳しい内容は以下をご覧ください。

http://icrhs.tsukuba.ac.jp/archives/2030/

【2015.6.19追記】開催報告はこちらをご覧ください。 http://icrhs.tsukuba.ac.jp/archives/2044/

 

 

URA研究支援室では、当室の活動状況および本年度の活動計画を全学の教職員の皆様に紹介し、今後の全学的な研究支援活動を効果的にするために、「全学向けURA業務説明および意見交換会」を5月22日に開催しました。 全学から研究支援に関わる教職員52名が参加し、開催後のアンケートでは、8割の方が「URA業務を理解できた」、7割の方が「URAを今後活用する」または「協働業務がありそうだ」という回答をいただきました。 第2部の総合討論では、URA業務だけでなく研究支援活動のあり方についても多くの意見が出されました。今後は、いただいたコメントをできるところから業務に取り入れて進めていきます。

P5220058


■日時:平成 27 年5 月22 日(金) 15:30 – 17:00
■場所:総合研究棟A110講義室


■発表スライド(PDF) ※学内限定公開
1. 本日の内容
2. 本学のURA体制と今後の活動方針(URA研究支援室長 馬場 忠)
3. 研究力強化に向けた URA 研究支援室の活動紹介と本年度活動計画
  ・URA研究支援室(本部)を中心とした活動経過と本年度活動計画
  ・平成27年度科研費支援について
  ・外部資金獲得に関する活動について
  ・研究力分析と研究力強化ポータルサイト「COTRE(コトリ)」の開発
  ・<事例紹介>部局URA活動と本部URAとの連携(数理物質系)