URA活動情報をご紹介します。

筑波大学では所属教員の研究力の適切な把握と、研究力強化体制の整備を行うべく、既存の大学ランキングでは評価されにくい分野を中心に新たな評価システムの構築に取り組んでいます。

今回、その活動の一つ、人文社会科学分野の評価指標の有力候補として注目している、”Snowball Metrics”のRecipe Bookに、本学の池田学長補佐室長が掲載されました(下記p.27)。

http://www.snowballmetrics.com/wp-content/uploads/snowball-recipe-book_HR.pdf

URA研究支援室では、この支援をできたことをとても嬉しく感じています。

下記表に示すように、毎年、文科省、JST、NEDOなどの官公庁系のファンディング機関から年間150程度、民間財団等からは800件以上の公募があります。

配分機関 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 総計
民間財団等の公募 706 739 822 827 3094
官公庁の公募 149 149 152 185 635
総計 855 888 974 1012 3729

  (さらに…)

 2014年4月~5月までのURA研究支援室の活動をまとめました。

<<つくばURA研修・教育プログラム>>
  履修証明プログラム「大学マネジメント講義」を受講しました。(2014.5.31)
  ・大学と地域・社会
   【受講しての感想】本講義では、「大学と地域・社会」という文脈で、アメリカ・欧米・日本で行われてきた取組の概略と、成果につい
    ての評価、研究の歴史を学ぶことができた。

     さらに、受講生が所属大学で行っている「地域連携」「地域貢献」について発表することで、同じキーワードでさまざまな取組が行
    われていることがわかった。

    日本の大学は、日本独自の問題意識にくわえ、諸外国の流れをうけ、翻弄されているように感じた。
  ・教育マーケティング論
  【受講しての感想】 本講義では、教育機関にマーケティングは応用できるのか、という観点で、日常的な業務活動について、
    マーケティ ングの理論からその行動を紐解いた。その結果、マーケティングはあらゆるところで行われている、ということを
    学んだ。

     また、企業と公共体の違いとして、「企業はターゲットセグメントだけを対象にしていればよいが、公共体では嫌がる人にも
    やらせる必要がある」ということ、目に見えないサービスのベネフィットを可視化する重要性について学んだ。

  ・アメリカの大学Ⅱ
   【受講しての感想】  アメリカの大学と比較することで、日本の大学組織、教育組織の特徴を再確認しました。 
     研究時間確保については、教育活動の時間との関係が議論されていますが、個々の教員が持つ講義時間の多少だけではなく、大学
         全体のカリキュラム管理や教員組織など、
大学運営全体に関わる課題であることが理解できました。

 *第1回InCitesユーザー会
  「URAのための研究評価・分析指標と新しいInCitesのご紹介」に参加しました。(2014.5.28) 
   【参加しての感想】新しいInCitesについて説明を受けてきました。またInCitesのユーザーである3大学の事例紹介を聞き、InCitesの
    有効性について学びました。

 *デンマークAarhus大学Research Supportセミナー
  「組織の中でURAを活用するには? URAとしてステップアップするには?」
   主催:大阪大学大型教育研究プロジェクト(URA) に参加しました。(2014.5.26)
    【参加しての感想】たった一人で始めたプレアワード支援が、現在27名を有する組織に発展。外部資金獲得も順調に増えている
     そうです。
  
   リサーチ・サポートで大切なのは、大学全体として効率的なコミュニケーションであると強調されていました。

<<つくばURA研修・教育プログラム>>
 履修証明プログラム「大学マネジメント講義」を受講しました。(2014.5.24)
 ・大学経営戦略論Ⅰ
   【受講しての感想】 大学をめぐる社会状況から、職員が担えること、担うべきことについて学びました。
    自分が、自分の部署が、自分の大学が何をすべきか、レイヤーに分けて考えるというお話があり、これからURAとして活動して
    いく中で、それぞれの視点を意識していきたいと思いました。

 ・大学マネジメント人材論Ⅰ
  【受講しての感想】 職員としての心構えを学ぶことができた。授業冒頭での勤務大学におけるアンケートについて、
大学職員として
    データを知っておく執拗があると感じた。 また講義の中で先生の「やりたいと思うことをやろうと思い続ける」という意思の強さが印
    象的であり、良くスポーツ選手や成功している会社経営者が口をそろえていうことである。成功している人の共通点を再確認する
         ことができた。

 ・アメリカの大学Ⅰ

*研究力強化セミナー
  『Education, Research and Industry-Academia Collaboration at Wageningen UR, Netherlands』
   講師:Wageningen UR Asia Desk, Jan Fongers, MSc を開催しました。(2014.5.23)
   【開催後の感想】 講演を聞いて、Wageningen URは社会における自らのミッションを非常に明確に設定しており、そのミッション
     を達成するために合理的な組織づくりや人材育成を行っていることが分かりました。大学が優れた研究成果を出し続けていくため
     には、このようなマネジメントの考え方が必要だと感じます。

 *第1回 個別化医療技術展~IVDジャパン2014~ に参加しました。(2014.5.14~5.16)
  【参加しての感想】 BIO Tech 2014(東京ビッグサイト)に併設されたシンポジウムに参加しました。
   再生医療、iPS、ナノテク、日本版NIH等に係わる15件のセッションが組まれ、500人規模の部屋がどれも満席でした。
       最先端研究を臨床に役立てるためには、医療機器審査を迅速にする必要があると
多くの先生方が述べていました。また
   本版NIHには、ビジョンをもって「ぶれない」運営を期待すると
の発言が印象的でした。

 *佐藤久美子 副主任リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.4.1)

 

URA研究支援室では、7月10日(木)に「外部資金獲得セミナー」を開催いたします。
本セミナーでは、秋の科研費申請に向けて必要な準備は何か、研究計画を考えるための情報提供と合わせ、6月24日より公募開始となりましたJSTのA-STEP探索タイプについて紹介を行います。

詳しくはPDFをご覧ください → 外部資金獲得セミナー案内(学内専用ページ)

実施報告と当日の配付資料をこちらからご覧いただけます(学内専用ページ)

2014年1月~3月までのURA研究支援室の活動をまとめました。

NISTEP定点調査ワークショップに参加しました。(2014.3.20) 

イギリス訪問(2014.03.3

英国ノーリッチ・リサーチパークとの共同シンポジウムを開催しました。(2014.3.14) 

女性のための「外部資金獲得率を上げる戦略」についての講演を行いました。(2014.3.3) 

文部科学省研究大学強化促進事業キックオフシンポジウム
  「研究大学と企業の連携による国際展開戦略」を開催しました。(2014.2.24) 

国立台湾大学を訪問しました。(2014.2.21) 

AAAS2014に参加し筑波大学のPRを行いました。(2014.2.14~2.16)

シカゴ大学を訪問しました。(2014.2.17) 

<<つくばURA研修・教育プログラム>>
 
「試行的研修会(ケース演習・中級)」に
参加しました。(2014.1.30) 

*エルゼビアアカデミー「SciValを有効に活用するために」に参加しました。(2014.1.29) 

オランダ Food Valley を訪問しました。(2014.1.12~) 

*鈴木峰晴 主幹リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.1.1)
*王 淑珍  主幹リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.1.1)