URA活動情報をご紹介します。

URA研究支援室では、7月10日(木)に「外部資金獲得セミナー」を開催いたします。
本セミナーでは、秋の科研費申請に向けて必要な準備は何か、研究計画を考えるための情報提供と合わせ、6月24日より公募開始となりましたJSTのA-STEP探索タイプについて紹介を行います。

詳しくはPDFをご覧ください → 外部資金獲得セミナー案内(学内専用ページ)

実施報告と当日の配付資料をこちらからご覧いただけます(学内専用ページ)

2014年1月~3月までのURA研究支援室の活動をまとめました。

NISTEP定点調査ワークショップに参加しました。(2014.3.20) 

イギリス訪問(2014.03.3

英国ノーリッチ・リサーチパークとの共同シンポジウムを開催しました。(2014.3.14) 

女性のための「外部資金獲得率を上げる戦略」についての講演を行いました。(2014.3.3) 

文部科学省研究大学強化促進事業キックオフシンポジウム
  「研究大学と企業の連携による国際展開戦略」を開催しました。(2014.2.24) 

国立台湾大学を訪問しました。(2014.2.21) 

AAAS2014に参加し筑波大学のPRを行いました。(2014.2.14~2.16)

シカゴ大学を訪問しました。(2014.2.17) 

<<つくばURA研修・教育プログラム>>
 
「試行的研修会(ケース演習・中級)」に
参加しました。(2014.1.30) 

*エルゼビアアカデミー「SciValを有効に活用するために」に参加しました。(2014.1.29) 

オランダ Food Valley を訪問しました。(2014.1.12~) 

*鈴木峰晴 主幹リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.1.1)
*王 淑珍  主幹リサーチアドミニストレーターが着任しました。(2014.1.1)

筑波大学URA 研究支援室では、昨年秋より、カリフォルニア大学アーバイン校(UC-Irvine)のリサーチデベロップメントオフィスと協力して主として研究者交流に係る外部資金の申請を行ってきました。この度、UC-Irvineよりリサーチデベロップメントチームを率いるJacob E.Levin 氏が来日することから、URAセミナーにて米国での外部資金獲得支援状況等についてご講演いただきます。

趣旨
URA 研究支援室では、昨年秋よりカリフォルニア大学アーバイン校(UC-Irvine)との大学間研究連携を模索する中で、同校のリサーチデベロップメントオフィスと協力して研究者交流を支援してきた。UC-Irvine リサーチデベロップメントチームは、外部資金獲得支援に特化した活動を展開している。またチーム長は全米リサーチデベロップメントプロ組織(NORDP)の役員としても活躍されるなど、その経験と知識は筑波大URA が取り組む外部資金獲得支援に大いに役立つものである。
UC-Irvine リサーチデベロップメントチーム長Jacob E.Levin 氏が来日するこの機会に、UC-Irvine での外部資金獲得支援状況とNORDP の活動について、本学URA および教職員に対してご紹介いただけることとなった。また合わせて、本学とUC-Irvine 間で進められている研究連携の支援状況について紹介し、今後URA 研究支援室が国際研究連携支援に取り組むことへの期待、要望など意見交換を行う。

 日 程 (案)

平成26 年6 月12 日(木)

13:30受付開始
14:00開始
司会進行 加藤英之 主幹URA 筑波大学 URA 研究支援室
趣旨説明 藤根和穂 主任URA 筑波大学 URA 研究支援室
14:05~14:35 「UC-Irvine Research Development Office & National Organization of Research
           Development Professionals (NORDP)」(仮)
          Jacob E. Levin Ph.D.
           Assistant Vice Chancellor – Research Development, UC-Irvine.
14:35~14:55 Q & A
14:55~15:10 「Promotion of international collaborative research between University of Tsukuba
            and UC-Irvine」
          Kazuho “Kazu” Fujine Ph.D
           Associate Research Administrator, University of Tsukuba.
15:10~15:15 Q & A
15:15~15:35 全体議論「海外大学とのリサーチデベロップメント連携について」
           「外部資金獲得支援に関してURA に望むこと」
閉会挨拶 TBD
15:40 閉会

(詳しくはPDFをご覧ください)→ URAセミナー_ご案内

研究大学強化促進事業の採択校特集が掲載されています。Science 28 March, 2014, pp.1526-7.

scince20140328

筑波大学のページはこちらからご覧いただけます(PDF)。

個人利用目的で使用してください。また許可なく転用されることは一切お断りいたします。

 

 

筑波大の全学的な研究支援制度「リサーチユニット」に認定されている研究チームを紹介する冊子が完成しました。

今回の冊子では、複合系のリサーチユニットを紹介しています。URAが技術移転マネージャーと協力しつつ、1件1件インタビューし、記事を執筆した冊子です。筑波大の研究を感じていただけたら幸いです。

写真をクリックするとPDF版(6.7MB)が別ウィンドウでご覧いただけます。

20140401114901_result

*リサーチユニットについてはこちらをご覧ください