研究力強化を助ける各種活動をご紹介します。

COTREinManaba

筑波大学内では、研究費獲得、研究倫理、外国人向け、など、研究者向けに数多くのイベントが開催されています。

そこで、URA研究戦略推進室では、研究推進部と共同でmanaba内に、これらのイベントの動画および資料を集約したコース『COTREチャンネル』を開設しました。過去に開催されたセミナー動画の視聴、資料の閲覧等にご活用いただけると幸いです。

COTREチャンネルの視聴方法(学内専用)

 

RUvol2web

2016年3月1日、URA研究支援室では『リサーチユニット総覧 vol.2』を発行しました。
今回の冊子は複合系、人社系、理工系、生命系の4分野55ユニットを収録しており、それぞれのユニット記事は専門家以外の方でも研究をイメージできるよう、URAが代表の先生方や技術移転マネージャーの協力を得て制作しました。

筑波大学のリサーチユニットは学内部局間連携だけでなく学外の研究者との連携を含めた横断的研究組織です。異分野研究者の協働による新たな研究領域の創出や社会的・地球的規模の課題解決の加速、対外的な可視化を含めた研究推進体制の充実・強化を目的としており、2015年末までに128のユニットが認定されています。
筑波大学で行われている研究の魅力をより身近に感じていただけたら幸いです。

写真をクリックするとPDF版(8.4MB)が別ウィンドウでご覧いただけます。

URA研究支援室は、数年間に及ぶ先生方への調査と経験から、科研費の研究計画調書(以下、応募書類)を執筆するうえで、参考となるテクニックを本手引きの形でまとめました。少しでも、研究者のみなさまのお役に立てれば幸いです。

(リンク先学内ネットワーク限定公開)

http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/kakenhi/KakenManual_ver201508.pdf

 

この手引きが、科研費獲得に役立つことをURA一同、心より願っています。

この手引きはURA研究支援室で作成していますが、科研費獲得の経験が豊富な先生方のご意見をいただければ随時更改していきたいと思っています。お気づきの点がありましたら、ご連絡お願いいたします。

 

Scopusジャーナル評価指標(SJR/IPP/SNIP)の2014年版データが発表されました。以下のサイトで無料で公開されています。

→ http://www.journalmetrics.com

 

また、この発表にあわせ、Scopusに収録されているジャーナルタイトルリストも最新版(2015年6月)に更新されています。タイトルリストは、下記ページからダウンロードすることができます。
=============
・エルゼビアホームページ(英語)
 → http://www.elsevier.com/solutions/scopus/content

・エルゼビア(日本語)ホームページ
 → http://www.elsevier.com/jp/online-tools/scopus/content-overview

=============

QS社とエルゼビアは契約更新を行い、今後10年間にわたって、QS世界大学ランキングをはじめとする、QS社の全大学ランキングでScopusが利用されることが確定したそうですので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

=========

エルゼビアからのリリース(英語)
QS Extends its Collaboration with Elsevier for its World University Rankings https://www.elsevier.com/about/press-releases/science-and-technology/qs-extends-its-collaboration-with-elsevier-for-its-world-university-rankings

QS社からの発表(英語)
http://www.iu.qs.com/2015/06/elsevier-renews-agreement-to-support-qs-on-rankings-activities/

=========

 

URA研究支援室では、筑波大学の研究にかかわる情報を集約した筑波大学研究ポータルサイト”COTRE”(COmmunity of Tsukuba REsearchers)を2015年3月23日よりプレオープンしはじめました。夏に予定しているグランドオープンまで順次コンテンツを追加していく予定です。お楽しみに!

cotore_bn