「公募業務効率化システム(学内版e-Rad検討)検討に関する説明会(学内)」を開催しました(7/3)

2018.07.03

筑波大学では、URA研究戦略推進室、研究推進部、産学連携部、DACセンター、総務部等から例年30件程度の学内公募が実施されています。

これらの公募では共通して「申請取りまとめ→審査員への書類送付→(選考)→選考結果の通知→報告書作成依頼→報告書」という煩雑な作業が発生しています。

そこで、URA研究戦略推進室では、各助成財団へ公募業務効率化システムの導入実績のある企業を招き、システム化に向けた学内説明を開催しました。