URA活動情報をご紹介します。

JSTがおくる筑波研究学園都市エリア科学技術支援セミナー(1)

JST事業活用術① バックキャスト型の未来社会創造事業を読み解く

 

  • 日時:2018年12月17日(月)13:30-17:15
  • 会場:つくばイノベーションプラザ(TIP) 大会議室
    ポスター(PDF)
  • 主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
    共催:つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)
    協力:筑波大学 URA 研究戦略推進室

 

【第1部】 13:30~14:55

対象:研究者・橋渡し人材/定員100名

筑波研究学園都市エリア大学・研究機関等(企業・公設試・財団等含む)に所属する研究者・コーディネータ・URA・技術移転マネージャー等の橋渡し人材、および、それら機関の研究者と共同研究等を行っている研究者の方が対象。

  • 事業概要

・大規模プロジェクト型と探索加速型の事業の全体像
・探索加速型の各領域の目的と運営統括の求めること

  • H29年度公募結果の分析

・各領域の応募や採択の特徴、課題、今後期待すること

  • 申請前に考えるべき事、橋渡し人材との連携の重要性

 

【第2部】 15:00~17:15

対象:大学・公的機関研究の橋渡し人材/定員15名

筑波研究学園都市エリアにある大学・公的研究機関等(公設試含む)のコーディネータ・URA・技術移転マネージャー、もしくは、これらCD・URA等の代わりに研究開発の推進・概念実証(POC)に関わる連携先企業の橋渡し人材の方が対象。

  • 未来社会創造事業(探索加速型)の考え方と研究整理の視点
  • バックキャスト型の考え方と橋渡し人材としての役割

・TGI橋渡し人材による申請のためのマネジメント事例
・研究開発マネジメントと産学官連携マネジメント

  • 意見交換  ※第2部のみの参加は受付けておりません。

 

関連情報

未来社会創造事業(探索加速型・大規模プロジェクト型)
平成30年度新規研究開発課題を決定(2018年11月15日プレス発表)
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1346/index.html

 

本件問い合わせ先
URA研究戦略推進室
ura_tsukuba[at]un.tsukuba.ac.jp ※[at]を@に置き換えてください。

 

2018年11月16日に開催された大学マネジメントセミナーにて、森本URAが講演を行い、引き続きパネリストとして登壇しました。

— 平成30年度大学マネジメントセミナーご報告 【人文社会科学系分野の研究力強化に向けて】—

講演:

  1. 社会科学系大学の研究力と国際展望 (一橋大学長 蓼沼宏一)
  2. データサイエンス学部を軸とした文理融合型研究 (滋賀大学データサイエンス学部長 竹村彰通
  3. 科学技術・学術政策研究所の調査研究から見える人文・社会科学系分野の状況 (科学技術・学術基盤調査研究室長 伊神正貫)
  4. 人文社会分野の研究成果指標 – TSUKUBA index の取り組み – (筑波大学 森本行人)

 

 

※国大協「平成30年度大学マネジメントセミナー【人文社会科学系分野の研究力の強化に向けて】」を開催(11/16)
http://www.janu.jp/news/whatsnew/301116.html

 

日時:平成30年11月16日(金) 10:00~15:30
場所:学術総合センター 一橋講堂
http://www.janu.jp/seminar/30/20181116-manesemi.html

 

平成30年度大学マネジメントセミナー【人文社会科学系分野の研究力の強化に向けて】にて、筑波大学URAが発表を行います。

  • 【講演(4)】
    森本行人(筑波大学URA研究戦略推進室リサーチ・アドミニストレータ―)

日時:平成30年11月16日(金曜日)10時00分~15時30分
会議:学術総合センター 一橋講堂
主催:一般社団法人国立大学協会
対象:高等教育関係者、大学生、産業界、報道関係者、その他広く一般

詳細は下記HPをご覧ください。
http://www.janu.jp/seminar/30/20181116-manesemi.html

 

筑波大学人文社会系とURAが共同で開発したiMD(index for Measuring Diversity)が、異見交論(読売教育ネットワーク)に掲載されました。

異見交論57 「人社系の逆襲」池田 潤氏(筑波大学執行役員)・森本行人氏(URA)
http://kyoiku.yomiuri.co.jp/torikumi/jitsuryoku/iken/contents/57-ura.php

 

第2回研究大学コンソーシアムシンポジウムにて筑波大学副学長とURAが発表を行います。

  • メインセッション:好事例紹介
    木越英夫(筑波大学副学長・理事)
  • ポスターセッション
    萩原友希江(筑波大学 リサーチ・アドミニストレーター)

 

日時:平成30年10月25日(木曜日)10時00分~17時30分
場所:東京国際交流館 プラザ平成3階(東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村内)
主催:研究大学コンソーシアム(RUC)
共催:世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)
対象:研究大学コンソーシアム構成機関関係者及び参加を希望するその他の大学関係者

詳細は下記HPをご覧ください。
https://www.ruconsortium.jp/site/symposium/272.html