URA活動情報をご紹介します。

URA研究戦略推進室では、TGSW2017において、参加者間の共同研究を促進するために、本企画に賛同した研究者が各自の研究上の得意なことや悩みをポスター掲示し、閲覧者が研究上の協力提案や解決策提案をコメントする(post-it)匿名型の分野横断促進の企画を実施します。

掲示されたポスターに対するフィードバックはTGSWの開催中にいつでもだれでもコメント可です。コメントは無記名ですが双方の希望により事務局が研究者同士の出会いを仲介します。詳しい情報はCOTREをご覧ください。みなさまのご参加お待ちしています!

開催概要

日時:2017年9月25日(月)~27日(水) 9:30~17:00

場所:つくば国際会議場 404(TGSW2017内)

 

URA研究戦略推進室では、2013年以来外国人向けに英語による科研費セミナーを実施しており、外国人研究者からも好評をいただいております。今年度はこの秋の応募から変更される審査員システムと細目などの変更点を踏まえて、下記の通り外国人研究者向けの「英語による科研費セミナー」を実施しました。

科学研究費助成事業(科研費)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用に至るあらゆる学術研究(研究者の自由な発想に基づく研究)を対象とする唯一の競争的資金です。

平成30年度科研費への応募年に当たる本年は、科学研究費助成事業の審査システム改革が行われることから、この影響を最小に留めるべく、審査システム改革の検討に深く関わっておられた永原裕子学術システム研究センター副所長をお招きし、つくば地区に所属する研究者(教員・ポスドク)を対象にした「科研費獲得支援イベント 科研費改革2018説明会」を実施しました。

 

ご参加ありがとうございました。

科研費獲得支援イベント『科研費改革2018説明会』


グローバルな課題の解決には、従来の「組織中心」「閉じた系の内向き発想」では限界があります。大学の研究を取り巻く環境は近年大きく変化しており、従来重要だとされていた発想法と異なる考え方をする必要があります。そこでURA研究戦略推進室、ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンターは2/22(水)に『ダイバーシティを生かした イノベーション創出のための発想法 〜アリの思考からキリギリスの思考へ〜』を開催します。

イベント詳細

本学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門、国際統合睡眠医科学研究機構、URA研究戦略推進室、の共催により、「『遺伝研メソッド』による科学プレゼンテーション講習会」を開催しました。

開催報告(ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ダイバーシティ部門)