渋谷 和子/ Shibuya Kazuko

医学医療系 准教授/ Faculty of Medicine, Associate Professor

関連記事 / Related Articles in COTRE

免疫の基本原理を明らかにするこ とで疾患を克服する
難治性免疫疾患・アレルギー発症の分子機構解析と分子標的治療開発リサーチユニット
Overcome diseases by revealing the basic principles of immunity
シグナル伝達の異常に起因した疾患 を治療する創薬開発に向けた研究
シグナル伝達と疾患リサーチユニット
Research for drug discovery to treat diseases caused by abnormal cellular signaling

 

論文 / Publication

  1. Elovl6 regulates mechanical damage–induced keratinocyte death and skin inflammation Y, Nakamura;T, Matsuzaka;S, Tahara-Hanaoka;K, Shibuya;H, Shimano;C, Nakahashi-Oda;A, Shibuya Cell Death and Diseases 9 (12) 2018年12月
  2. Exploring the Gut Fungi-Lung Allergy Axis Shibuya, Akira;K, Shibuya Cell Host Microbe 24 2018年12月
  3. Cutting Edge: Identification of Marginal Reticular Cells as Phagocytes of Apoptotic B Cells in Germinal Centers Sato, Kazuki;Honda, Shin-Ichiro;Shibuya, Akira;Shibuya, Kazuko Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 2018年4月
  4. Selective DNAM-1 expression on small peritoneal macrophages contributes to CD4+ T cell costimulation E, Takenaka;A, Vo;Y, Yamashita-Kanemaru;A, Shibuya;K, Shibuya Sci Rep 8 (1) 2018年10月
  5. Selective DNAM-1 expression on small peritoneal macrophages contributes to CD4+ T cell costimulation. Takenaka, Eri;Vo, Anh V;Yamashita-Kanemaru, Yumi;Shibuya, Akira;Shibuya, Kazuko Sci. Rep. 8 2018年10月

More...

この研究者の論文を読むCheck out a freely downloadable version
この研究者についてもっと知るDetailed information

知財 / Intellectual properties

  1. PCT/JP2017/15767(先の国内特願2016-84170) : 制御性T細胞の活性化剤及びその使用

    渋谷, 彰;渋谷 和子;阿部 史枝;広近 玲;奥村 元紀
  2. 特願2016-84170 : 抗ヒトDNAM-1モノクローナル抗体及びその使用

    渋谷 彰;渋谷 和子;阿部 史枝;広近 玲;奥村 元紀
  3. 特願2015-012511 : 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法

    渋谷 彰;渋谷 和子;井口 研子
  4. 特願2013-242319 : 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法

    渋谷 彰;渋谷 和子;井口 研子
  5. 特願2012-117542 : 同種間での移植心臓、移植血管、または移植腎臓の生着を維持するために用いられる薬剤

    渋谷,彰;渋谷,和子;阿部,史枝

 

産学連携のご相談窓口/ Inquiry about technology transfer