日野原 伸生(国際テニュアトラック助教)

日野原 伸生(国際テニュアトラック助教)

hinohara

氏名

Name

日野原 伸生

Nobuo Hinohara

所属

Affiliation

計算科学研究センター

Center for Computational Sciences

メンター

Mentor

矢花 一浩 教授

Professor Kazuhiro Yabana

派遣先

Host Institution

Michigan State University

Mentor

Professor Witold Nazarewicz

キーワード: 原子核構造、密度汎関数理論、不安定核、核分裂
Key words: nuclear structure, density functional theory, unstable nuclei, nuclear fission

専門:計算核物理
Computational nuclear physics

 

研究概要/Summary

自然界に存在しない不安定原子核は、超新星爆発に伴う元素合成過程で重要な役割を果たす。また、重い不安定原子核には核分裂を起こすものがあるが、原子力分野で多くの応用があるにも関わらず核分裂の機構はまだよくわかっていない。不安定核の構造や、核分裂過程の機構を、原子核密度汎関数理論をベースとして量子多体問題をスーパーコンピュータを駆使して精密に解くことで解明することを目指している。

My research is in computational nuclear theory. I am particularly interested in the structure of unstable nuclei that are not found naturally on Earth but important for nucleosynthesis and in the mechanism of nuclear fission process. The goal of my research is to understand them through accurate and reliable calculations with theories of quantum many-body systems based on the nuclear density functional theory and high-performance computing.

 

     ➡ 研究業績一覧はこちら

日野原 伸生(国際テニュアトラック助教)