大野浩史 Hiroshi Ohno

大野 浩史(国際テニュアトラック助教)

noimage

氏名

Name

大野 浩史

Hiroshi Ohno

所属

Affiliation

計算科学研究センター

Center for Computational Sciences

メンター

Mentor

藏増 嘉伸 教授

Professor Yoshinobu Kuramashi

派遣先

Host Institution

Univ. of Bielefeld/Brookhaven Natl Lab

Mentor

Professor Frithjof Karsch

キーワード: 素粒子理論物理学、計算物理学、格子QCD、クォーク・グルーオン・プラズマ
Key words: Theoretical Particle Physics, Computational Physics, Lattice QCD, Quark-Gluon Plasma

専門:有限温度・密度格子QCDによる強い相互作用の数値的研究
Numerical study on the strong interaction with lattice QCD at finite temperature and density

 

研究概要/Summary

ビッグバン直後の宇宙や中性子星の内部は、超高温・高密度の状態であると考えられています。また、地上でも、重たい原子核同士を光速に近い速さで衝突させることで、同様の状態を作りだす実験が行われています。そこで、物質を構成する素粒子クォークと、その間に働く力を媒介する素粒子グルーオンの振る舞いについて、格子QCDに基づく数値シミュレーションを行い、その様な極限状態における物理現象の解明に取り組んでいます。

It is expected that the early universe and the inside of a neutron star are extremely hot and dense, respectively. Relativistic heavy ion collision experiments also try to create such extreme conditions. To understand physics in hot, dense or both hot and dense media, I perform numerical simulations based on lattice QCD, which describes the interactions between the elementary particles: quark and gluon, where quark is a fundamental constituent of matters and gluon is a force carrier of the strong force.

 

     ➡ 研究業績一覧はこちら

[日付で絞り込み]  年: 月: 
大野 浩史 研究業績一覧大野浩史 Hiroshi Ohno