注目の研究

五指と上肢の協調動作を計測・トレーニングするための高齢者向けゲームシステムを開発(2016.03)

2016/03/15

筑波大学 システム情報系 星野准一 准教授と同研究室の林勇希、敷根伸光は、システム・インスツルメンツ株式会社と共同で、五指と上肢の協調動作を計測・トレーニングするための高齢者向けゲームシステムを開発しました。

このシステムは、五指の圧力と上肢の動きを計測できる独自のコントローラを用い、ゲーム内のキャラクターとともにコントローラを把持しながら腕をさまざまな方向に動かす、指を強く握るといったトレーニング運動を行うことができ、運動の滑らかさや対称性、肩の可動範囲などを計測するものです。加齢とともに衰えるといわれている五指と上肢の協調的な運動を上肢把持動作と定義し、これに含まれる運動要素を6つの項目に分けて、それぞれの運動要素を計測するためのゲームコンテンツが搭載されています。

 

図 システム概要図

ユーザーである高齢者は、画面上のキャラクターと同じ動きをするだけでトレーニングが可能です。基本的なトレーニングのほかに数種類のゲームコンテンツがあり、運動のログは専用コントローラからBluetooth通信によりPCへと蓄積されます。システムは受け取ったログデータを分析し、レーダーチャートなどへ視覚化します。高齢者自身や作業療法士がこの結果を確認することで、現在の運動能力を把握でき、過去のデータと比較することでどういった改善や衰えがあるのかもわかるので、この繰り返しにより長期的なトレーニングにおけるケアプラン作成に役立つことが期待できます。