注目の研究

ナノサイズの金微粒子に生じた2つの異なるタイプの電子の集団運動の観測にはじめて成功(2016.03)

2016/03/10

北海道大学電子科学研究所の三澤弘明教授らの研究グループ,及び筑波大学数理物質系の久保 敦講師らは,極めて短い光を出すレーザーと金属から外に飛び出した電子を可視化することができる顕微鏡を組み合わせ,金ナノ微粒子表面に引き起こされる2つの異なるタイプの電子の集団運動の継続時間を観測することに世界ではじめて成功しました。

 

図 (a) 金ナノ微粒子から飛び出した電子を高分解能で画像化できる顕微鏡にレーザー光線を2つの光線に分割し,2つ目の光線を時間遅延させることにより,コマ撮り写真の要領で電子の集団運動が減衰する過程を観測する計測系の略図。 (b) 双極子,及び四重極子プラズモン共鳴における光電子強度のレーザー光パルス(プローブ光)の遅延時間依存性。この結果からp偏光照射とs偏光照射で異なる位相緩和時間を持つ双極子,及び四重極子プラズモン共鳴が存在することがわかる。