注目の研究

中枢神経系の発生や機能維持に重要な仕組みの一端を解明 ~オリゴデンドロサイトの分化・成熟へのタンパク質メチル化の効果~(2016.02)

2016/02/04

筑波大学 生命領域学際研究センター 深水昭吉教授らは、タンパク質メチル化酵素であるPRMT1遺伝子を中枢神経系特異的に欠損したマウスを解析し、本タンパク質がオリゴデンドロサイトの分化・成熟に必須であることを明らかにしました。

PRMT1は、細胞内シグナル伝達、転写制御、DNA修復機構などに関わることが知られています。これまでに、胎生期ではPRMT1が中枢神経系で非常に強く発現していることが分かっていましたが、その役割は未解明でした。本研究グループは、PRMT1を中枢神経系特異的に欠損したコンディショナルノックアウトマウス(PRMT1-CKOマウス)を作製し、PRMT1がオリゴデンドロサイトの分化・成熟に必須であることを明らかにしました。

この発見は、これまで不明だった生体内におけるタンパク質のアルギニンメチル化酵素の重要性を示す新たな知見を提供するものです。

 

図 PRMT1は成長過程のミエリン形成に必須である。