注目の研究

覚醒時の経験が、その後の眠気に大きな影響を及ぼすことを立証

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(International Institute for Integrative Sleep Medicine, IIIS)柳沢正史教授らの研究グループは、異なる2つの方法で睡眠を6時間妨げたマウスを用いた実験により、眠気(眠りへの落ちやすさ)と睡眠デマンド(深い眠りへの入りやすさ)は必ずしも相関せず、それぞれ独立に制御されていること、眠気は起きている間の様々な経験により変動することを立証しました。さらに、リン酸化プロテオーム解析により、眠気と睡眠デマンドにそれぞれ相関する中枢神経系の生化学的指標を同定することに成功しました。