注目の研究

安価で高性能なハードディスクドライブ(HDD)記録媒体の実現可能性~白金フリー酸化物垂直磁気記録材料の薄膜化に世界初成功~

筑波大学数理物質系 新関智彦助教(現東北大学)、柳原英人准教授、喜多英治教授らのグループは、高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所・構造物性研究センター 中尾裕則准教授、北海道大学大学院理学研究院 小池和幸教授らとともに、量産に適した成膜手法であるスパッタリング法を用いて、良質なコバルトフェライト単結晶薄膜を作製することに世界で初めて成功しました。この薄膜について磁気特性および結晶構造の評価を行ったところ、白金等の貴金属を含む磁性材料に匹敵する強い垂直磁気異方性を有することを見出しました。

 

スピネル型結晶構造(青丸に鉄、緑丸に鉄またはコバルト、紫丸には酸素が位置する