注目の研究

持久力を保つことは脳の老化を防ぐ! ―高齢者における心血管機能と認知機能の相関性、その脳内機構を解明―

2015/10/22

筑波大学体育系の征矢英昭教授と学校法人中央大学の檀一平太教授の共同研究グループは、光を用いた脳機能イメージング法である光トポグラフィ(fNIRS)注1を用い、高齢期の男性で、身体の持久力が高いほど認知機能が高いことを発見しました。また、持久力と認知能力が高い高齢者は若者型の脳機能を保ち、逆に、それらが低い高齢者は加齢型の脳機能へと変化していることを明らかにしました。

 

 

図 実験の様子

A.漸増運動負荷試験の様子。B.ストループテスト中の様子。C.光トポグラフィを前額部につけた時の測定チャンネル。緑丸で囲んであるチャンネルが前頭前野背外側部の活動を測定しているチャンネルであり、今回はこれらのチャンネルから得られたデータを、左右の半球毎に統合して解析に用いた。