注目の研究

天然色素・アスタキサンチン摂取による記憶能の向上! ―海馬の神経新生および空間記憶能の促進効果と分子基盤を解明―

2015/12/22

筑波大学体育系の征矢英昭教授とRakwal Randeep教授の研究グループは、抗酸化作用をもつカロテノイドの中で、最も強い効果をもつとされる天然由来色素成分、アスタキサンチン(astaxanthin:ASX)が海馬機能に与える影響を検討しました。その結果、マウスにASXを4週間摂取させることで、海馬の神経新生が濃度依存的に促進し、海馬が担う学習・記憶能力を高めることを世界で初めて明らかにしました。さらに、海馬へのASX作用の分子機構をマイクロアレイおよびIPAと呼ばれるバイオインフォマティクス解析を用いて検討したところ、記憶能力向上に寄与する特異的な分子経路が浮き彫りになりました。

 

図ASX摂取で高まる海馬の神経新生と機能の分子機構

IPAのネットワーク解析とmRNA発現の検討から、ASX摂取が神経新生の促進による海馬依存的の認知機能の向上に関与する分子機構を推定した。*:空間記憶能力との相関関係がある遺伝子を示す。