注目の研究

消費者も栽培者もうれしい甘いトマト開発に道 ~高糖度で単為結果性を有する新規トマト変異体と遺伝子を発見~

2015/08/27

筑波大学生命環境系の江面浩教授、増田順一郎研究員、有泉亨准教授は、新規の単為結果性と高糖度性を示すトマトの新規の育種素材を発見し、その原因遺伝子候補の同定に成功しました。

トマトは、生活野菜としての役割に加え、その健康機能やうまみ素材としての重要性から、世界各地で四季を通して生産されている重要野菜です。近年では高ストレス栽培技術の開発により高糖度トマトを生産することが可能になり、一層の消費及び生産の拡大が期待されています。しかし、高ストレス栽培では、トマトの収穫量が激減し(時に収穫量が半減)、それをカバーするために高糖度トマトは高値で取引されています。生産者の間では、一般栽培を行っても高糖度性を示し、四季を通して生産が安定した高糖度トマト品種の開発が大いに期待されています。

今回の研究では、筑波大学遺伝子実験センターが有するトマト品種マイクロトムの大規模変異体集団の中から、新規の単為結果変異体を発見し、さらにその果実は高糖度であることが確認されました。また、その原因遺伝子も明らかにしています。この高糖度で単為結果性を示す新規の育種素材を活用することで、消費者と作り手の両方のニーズに応えるトマト品種の実現に近づきます。

 

 

図 高糖度と単為結果性の強い変異体を選抜し、原因遺伝子同定に成功