注目の研究

ビッグデータを活用した地域包括ケア推進のための研究プロジェクトを開始!

2015/06/25

筑波大学医学医療系の田宮菜奈子教授を代表、福島県立医科大学高橋秀人教授および早稲田大学野口晴子教授を副代表とする研究グループは、東京大学、岡山大学、横浜市立大学、福岡大学、東京都長寿医療センター研究所、社会保障人口問題研究所、産業技術総合研究所、保健医療科学院等と共同で、新たな研究プロジェクト「地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―」を開始します。本研究プロジェクトは、厚生労働科学研究費補助金 政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業)戦略研究に採択されたもので、本年度より2年間にわたって、医療・介護における地域包括ケアのための効果的サービス提供のあり方を探るとともに、地域や国の政策立案に貢献する研究拠点を確立し、明日の日本を築く礎となることを目指すものです。

 

図 プロジェクトの概要