注目の研究

コンブや珪藻などを含む大系統群の根元に位置する新種の生物を発見 ~ストラメノパイル生物群の初期進化解明に期待~

2015/06/19

成果のポイント

1. この生物の発見によって、謎の多いストラメノパイル生物群の初期進化の解明が期待されます。

2. 多様な分類群(6つの大きな系統群からなる)を含むストラメノパイル生物群の新属新種の単細胞生物を発見しました。

3. この生物はストラメノパイル生物群の中で最も初期に枝分かれした生物の一つであることが示されました。

 

研究の概要

筑波大学生命環境系 石田健一郎教授のグループは、多様なグループを含むストラメノパイル生物群の最も初期に枝分かれしたと見られる新種の原生生物を発見しました。

ストラメノパイル生物群は、今から約10億年前に誕生したと考えられる真核生物の主要分類群(スーパーグループ)の一つで、10万種以上が存在すると考えられている非常に巨大な生物群です。ストラメノパイル生物群には、コンブやワカメなどの褐藻類から、水圏生態系の重要な生産者である珪藻類、バイオ燃料をはじめとするオイル生産に利用されるラビリンチュラ類など、地球環境や人間生活に重要な生物を多数含んでいます(図1)。しかし、それらの多様な生物がどのように枝分かれし、進化していったのかはよくわかっていません。

今回発見した生物は、パラオ共和国の海水中から採集されました。光学顕微鏡観察ではこの生物がバクテリアを補食し、短い前鞭毛と長い後鞭毛を用いて基質上を這って移動する様子が観察されました(写真1)。

透過型電子顕微鏡を用いた観察では、鞭毛装置と呼ばれる構造について、既知のストラメノパイル生物とは異なる特徴が見つかりました。さらにリボソームRNAを用いた分子系統解析では、この生物がストラメノパイル生物群の中で最も初期に枝分かれした生物である可能性が示されました。これらの結果から、この生物を新属新種Platysulcus tardusと命名し、新科Platysulcidaeを提唱しました。属名のPlatysulcusは「太い溝」という意味で、腹側に太い溝があることから、種小名のtardusは「ゆっくりとした」という意味で、動き方の特徴から名づけました。

Platysulcus tardusの発見によって、ストラメノパイル生物群の多様性や初期進化についての理解が進むことが期待されます。

この成果は、Protist誌に2015年6月 9日付けでオンライン掲載されました。(doi:10.1016/j.protis.2015.05.001)

 

石田 健一郎(いしだ けんいちろう)

筑波大学 生命環境系 教授