注目の研究

脂肪が“寿命”を決める 細胞性粘菌の一生の長さは脂肪蓄積遺伝子によって制御されている

2013/12/12

筑波大学生命環境系桑山秀一准教授の研究グループは、大阪大学大学院理学研究科上田昌宏教授との共同研究で、脂肪の蓄積が細胞性粘菌の一生の長さを決める重要な要因になっていることを発見しました。

 

桑山 秀一 准教授