注目の研究

共役系高分子マイクロ球体からの“ささやきの回廊”発光を初めて観測 ~新しい有機フォトニクス材料の発見~

2014/07/31

筑波大学 数理物質科学研究科 田畑 顕一(博士前期課程2年)と数理物質系 山本 洋平准教授らは、同神原 貴樹教授、桑原 純平講師、デュースブルグエッセン大学(ドイツ)物理学科 アクセル ロルケ教授らと共同で、共役系高分子の自己組織化により形成されるマイクロ球体1粒子から“ささやきの回廊(Whispering Gallery Mode, WGM)”発光と呼ばれる共鳴発光現象を観測しました。これは、微小な高分子の球体がマイクロサイズの共振器として作用することを意味しており、新しい有機レーザー素子の開発などにつながる発見です。

 

 

図 (a-d) 共役系高分子の分子構造、(e-h) 自己組織化により形成するマイクロ球体の電子顕微鏡写真 、(i-l) 球体1粒子からの発光スペクトル。数値は球体の直径(µm)。