注目の研究

高速充放電可能なナトリウムイオン電池用材料の設計指針を発見 ~層状化合物の面間距離がイオン拡散係数に影響する~

2014/05/28

筑波大学数理物質系 柴田恭幸研究員、小林航助教、守友浩教授の研究グループは、層状マンガン酸化物NaxMnO2薄膜(厚さ220ナノメートル)を作成し、その電気化学特性を評価しました。その結果、同薄膜が130Cの高い放電レートと大きな拡散係数を示すことが明らかになりました。この研究成果は、ナトリウムイオン電池においても高速充放電が可能であることを示しており、高性能ナトリウムイオン二次電池の開発が期待されます。

 

 

図 NaxMnO2薄膜電極の放電曲線。130 Cでも0.1Cの容量の約50 %を維持していることがわかる。