注目の研究

卵における遺伝子の働きを調べる新しい手法「マスク法」を開発~動物の形態形成の仕組みを解明するための有力なツール

2014/05/23

筑波大学生命環境系の笹倉靖徳教授らは、ホヤの卵を用いて、狙った遺伝子の機能を特異的に抑制する新しい研究手法を開発しました。マスク法と名付けた本手法により、「卵内で遺伝子がどのように機能することで多細胞生物の体が構築されていくのか」という発生現象の基本メカニズム解明の進展が期待されます。

 

図 ホヤ卵におけるGFPの発現。GFPが発現し緑に光る卵(右上)も得られるが、多くの場合、卵は左下のようにGFPを発現せず、光らない。(Scientfic Reportの該当論文から引用)

 

 

左から、飯塚貴子(D3)、三田薫研究員、保住暁子研究員、笹倉靖徳教授