注目の研究

3つの状態を選択的に発現する光スイッチング分子を開発 ~多重スイッチング分子素子への応用に期待~

2014/05/15

数理物質系の大塩寛紀教授らのグループは、1つの分子に2種類の光応答部位を組み込むことにより、1分子で3つの異なる状態を変換することが可能な分子を 開発しました。この分子は、緑色光照射と赤色光照射を使い分けることで3つの異なる磁性を持つ状態を、可逆的に発現します。

 

図 温度変化や光照射によって磁性が変化します。分子の状態は右の模式図のように表され、2種類の異なる応答部位が緑色光と赤色光に対し選択的に変化することで多重スイッチングが達成されます。水色・緑色は鉄(II)イオン、黄色・赤色は鉄(III)イオンを表しており、HS・LSは磁性の違いを表しています。緑色光によって鉄(II)イオンが、赤色光によって鉄(II)と鉄(III)イオンの磁性が選択的に変化します。