注目の研究

水田の表土剥ぎによる除染作業でおたまじゃくしへの放射性セシウムの蓄積が軽減

2014/02/07

東京農工大学大学院農学研究院国際環境農学部門の境優 特任助教と五味高志 准教授は、北海道大学大学院農学研究院の布川雅典 博士研究員と筑波大学生命環境系の恩田裕一 教授と共同研究を行い、福島県川俣町の除染水田における除染1年後のおたまじゃくしへの放射性セシウム蓄積量の評価を行いました。その結果、除染を行った水田におけるおたまじゃくしは、除染を行っていない水田のおたまじゃくしと比較して、放射性セシウム量は5分の1の蓄積量まで低下していました。

 

除染水田と無処理水田におけるおたまじゃくしの放射性セシウム濃度