イベント

バックキャスト型の未来社会創造事業を読み解く―JST事業活用術①(12/17)

JSTがおくる筑波研究学園都市エリア科学技術支援セミナー(1)

JST事業活用術① バックキャスト型の未来社会創造事業を読み解く

 

  • 日時:2018年12月17日(月)13:30-17:15
  • 会場:つくばイノベーションプラザ(TIP) 大会議室
    ポスター(PDF)
  • 主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
    共催:つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)
    協力:筑波大学 URA 研究戦略推進室

申込方法

下記事項を e-mail で、JST つくばオフィス MP 友田まで申し込み下さい。

  • メールタイトル「JST 支援セミナー1参加申込」 ※第2部は満席になり締め切りました。
  • メール本文への記載事項
    ・参加される方の ご所属(機関名)、部課署、お名前、役職名、e-mail アドレス。
    ・参加される方が橋渡し人材の場合、
    【第2部に 参加希望する ・ 希望しない 】 の出欠についてもお書き下さい。
    ・その他、未来社会創造事業に関するご質問等があればお書き添えください。
お申し込み先
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
マッチングプランナー(広域関東圏担当/つくばオフィス)友田和美
e-mail: kazumi.tomoda[at]jst.go.jp ※[at]は半角@に替えて送信ください。
申し込み締め切り 2018 年 12 月 12 日(水)17:00 必着

 

【第1部】 13:30~14:55

対象:研究者・橋渡し人材/定員100名

筑波研究学園都市エリア大学・研究機関等(企業・公設試・財団等含む)に所属する研究者・コーディネータ・URA・技術移転マネージャー等の橋渡し人材、および、それら機関の研究者と共同研究等を行っている研究者の方が対象。

  • 事業概要

 ・大規模プロジェクト型と探索加速型の事業の全体像
   ・探索加速型の各領域の目的と運営統括の求めること

  • H29年度公募結果の分析

 ・各領域の応募や採択の特徴、課題、今後期待すること

  • 申請前に考えるべき事、橋渡し人材との連携の重要性

 

【第2部】 15:00~17:15

対象:大学・公的機関研究の橋渡し人材/定員15名

筑波研究学園都市エリアにある大学・公的研究機関等(公設試含む)のコーディネータ・URA・技術移転マネージャー、もしくは、これらCD・URA等の代わりに研究開発の推進・概念実証(POC)に関わる連携先企業の橋渡し人材の方が対象。

  • 未来社会創造事業(探索加速型)の考え方と研究整理の視点
  • バックキャスト型の考え方と橋渡し人材としての役割

 ・TGI橋渡し人材による申請のためのマネジメント事例
 ・研究開発マネジメントと産学官連携マネジメント

  • 意見交換  ※第2部のみの参加は受付けておりません。

 

関連情報

未来社会創造事業(探索加速型・大規模プロジェクト型)
平成30年度新規研究開発課題を決定(2018年11月15日プレス発表)
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1346/index.html

 

本件問い合わせ先
URA研究戦略推進室
ura_tsukuba[at]un.tsukuba.ac.jp ※[at]を@に置き換えてください。

 

イベント