注目の研究

進行がん患者の家族が経験する葛藤 ~日本国内における多施設共同遺族研究による成果~

筑波大学 医学医療系 浜野淳講師、東北大学 宮下光令教授らの研究グループは、緩和ケア病棟で最期を迎えた進行がん患者の家族が経験した家族内の葛藤の実態について検証しました。

その結果、家族の42.2%が家族内の葛藤を少なくとも1つは経験したと回答し、「ご自身が本来果たすべき役割を十分にしていない家族の方がいると思うことがあった」「患者様の治療方針に関することで意見が合わないことがあった」については、「とても良くあった」「よくあった」「時々あった」と回答した家族がそれぞれ20%以上でした。そして、家族の年齢が若い場合、家族内で意見を強く主張する人がいた場合、そして、病気後に家族内でのコミュニケーションが十分に取れていなかった場合に、家族内の葛藤が増えることがわかりました。また、病気前に交流がなかった家族と連絡をとるようになった場合に、家族内の葛藤の経験が少なかったことがわかりました。