筑波大学OCW

【オリンピック・パラリンピックの教育的意義 】オリンピック・パラリンピックの教育的意義

筑波大学附属学校群の教育実践

筑波大学は、小学校から高等学校、特別支援学校の11校の附属学校群を有しています。とくに2010年の筑波大学オリンピック教育プラットフォーム(CORE)以後、各附属学校では、オリンピック・パラリンピックに関する様々な教育活動が展開されています。

各教育実践については、COREが発行する年次ジャーナルに掲載されています。

Vol. 1: 2012年度

Vol. 2: 2013年度

Vol. 3: 2014年度

Vol. 4: 2015年度