注目の研究

共役ポリマーのみからなるマイクロ球体からのレーザー発振に成功

筑波大学数理物質系 山本 洋平准教授らの研究グループは、産業技術総合研究所、国立清華大学(台湾)、ライプニッツ光技術研究所(ドイツ)と共同で、共役ポリマーから形成するマイクロ球体からのレーザー発振に成功しました。

有機光エレクトロニクスにおける挑戦的課題の一つに、有機EL素子からのレーザー発振が挙げられます。これまで様々な共振器素子構造を用いてレーザー発振の試みがなされてきましたが、有機・高分子材料への電荷注入によるレーザー発振はまだ実現できていません。

今回、本研究グループは、高い光耐久性をもつ共役ポリマーを、ミニエマルジョン法によってマイクロ球体化し、得られた球体にフェムト秒パルスレーザーを照射した結果、レーザー発振が確認されました。また、マイクロ球体を銀薄膜上に設置することで、さらなる低閾値化を実現しました。マイクロ球体はレーザー素子として有望な構造であり、今後、電流駆動有機レーザーの実現が期待されます。